ご案内

「はにぃびーむ」は無責任な雑記帳and記録帳です。
それが何だと言われても、たぶん何でもないのです。

基本、ホラー好きです。
※DVDや本の感想などはほとんどネタバレ仕様です。

***********************************************************************************

うっかりまちがえて入ってしまったAmazonプライムだけど、こんなに便利だとわ。。
しかも、Amazonビデオ、捗りすぎ!!

DVD

極道恐怖大劇場 牛頭
極道恐怖大劇場 牛頭
  • アーチスト: 哀川翔
  • 発売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2003/07/11
  • 売上ランキング: 32331
  • おすすめ度 4.5

商品の説明
Amazon.co.jp
三池崇史が監督した長編映画だが、その表現の過激さ故、劇場公開が見送られ、ビデオ、DVDのみのリリースとなった。また2003年に開催された第56回カンヌ国際映画祭「監督週間」において上映され、賛否両論を巻き起こした。
字廻組構成員であるヤクザの南(曽根英樹)は、最近奇行が目立つ兄貴分の若頭・尾崎(哀川翔)をうっかり殺してしまう。途方に暮れた南が目を離したすきに死体は消えてしまい、それをきっかけにしたかのように南の周囲に奇妙な事件が次々と発生する。ついには地獄の番人・牛頭が出現。目覚めた南の股間に、死んだはずの尾崎からの「処分場で待つ」とのメッセージが入っていた。
冒頭の、チワワを撲殺する哀川翔から始まり、全編不気味で恐怖感を煽る描写のつるべ打ち。確かに三池監督のタッチが色濃く出た作品と言えるが、必然性なく、ただいたずらにそうした描写を楽しんでいるだけにも見えてしまう。それでもこの作品が2時間9分という上映時間を一気に見切ってしまうのは、人間が本質的に持つ不安感と破壊願望を刺激してやまないからだろうか。(斉藤守彦)

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
極道社会に予測不可能な超常現象が起こる、ヤクザたちの熱いドラマと恐怖映画がマッチしたヤクザホラー。奇行が目立つ兄貴分の尾崎を誤って殺してしまった南。目を離した隙に尾崎の死体が消え、2日目の深夜“牛頭”が尾崎からの手紙を差し出す…。

内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)
極道映画とホラー(というよりもおかしな世界に入り込むという『世にも奇妙な物語』風)が合体した三池監督ならではの怪作。三池作品なのでまともな登場人物は一人も出てこない(笑)。奇行の目立つ兄貴分をつい殺してしまった極道が奇妙な世界“名古屋”に入り込む。シュールでヘンテコリンな出来事が次々と起こるが、丹波哲郎、火野正平、加藤雅也という通称“悶絶オール・キャスト”の豪華な俳優陣が怪演を見せ、だんだんとこの変な世界にハマっていく……。なかでも死んだ兄貴の哀川翔が転生した吉野きみ佳(この設定だけで観たくなるでしょ?)がメチャメチャ色っぽくて魅力的。主題歌も最高だし、一発ギャグの連続のようなメイキングも最高におもしろい! (竹之内円) — 2003年09月号

お気に入り度:

ゲーム

最後まで終わりました。
あと、もう一つの裏エンディングも。

私の「ひぐらしのなく頃に」への読み方として、出題編で楽しんだホラー風味の強かった謎の回答が、「秘密組織」「謎の寄生虫」「実在してる幽霊」であったという事が、とにかく最後まで納得しきれずに終わりました。
うんと。別に、その、「秘密組織」も「謎の寄生虫」もそれはそれで、もっとちゃんと納得できる見せ方があれば、もう少しは受け入れられたんだと思う。
唐突な出現と、ステレオタイプの見せ方に、どうにも陳腐さを感じてしまい、おいて行かれた40歳なのですよ。のれなかったんだよね。ほんとに。
もっと私をだましてほしかった。だましきってほしかった。と思う。

そういう部分へのリアリティとか背景の提示の仕方が、ものすごく強引だったり、変に偏った思想だったり、武器や組織体制の記述だけがエンエン続いていたり、無駄な描写がとことん多かった。

鷹野の後ろ盾の小泉じぃちゃんの発言ってのがさ。もうさ。
ものすっごい嘘くさい。ちっとも、政治の裏を取り仕切っている人物の発言とは思えない。
なんつーのか。役不足。
だったらいっそ、セリフありの出演部分なんか、ない方がよかった。

リアリティと背景を深めようとする描写がことごとく薄っぺらく感じてしまうので、読んでいてどんどん冷めていってしまったのですよ。

冷めてしまった状態で、あの超人バトル大会を見せられてもさ。
もうついていけないのですよ。

超人バトルの果ての「奇跡」とか言われても。
それはもう「奇跡」ではなく「必然」。あって当然。何の不思議も神々しさも感じない。

まぁ、でも、この乗り切れなかった状況は、私の方に責任があるハナシなので。
もうあきらめるしかない。

私がのれなかったんだもん。
私がいけないね。あはーん。

あー、でも、「野村」が、鷹野の研究で「女王感染者の死後集団発狂」の点を、まったく信じていなかったのは、よかったよ。
私も指摘できた点だし。
「わぁ。あたしと同じ事いってるー!」と、共感できた部分です。

でね。
そういった、のりきれなかったという状況はおいといて、物語として、ものすごい疑問が残ったままなのですよ。

タロウと一緒♪

はねるのトびらの「哲哉とお父さん」が好きです。
哲哉をやってるロバートの秋山くんはすごいと思います。

なんであんなに子供の言動とか行動とか思考を理解してるんでしょうか。
すっげー。あれ。

特に、やたらと「おとーさーん。おとーさーん。」と、返事しようが返事しまいが何度もお父さんを呼んでいるトコ。
うちのタロウもよくやりますよ。

タロウ「おかぁちゃん。あのね。おかぁちゃん。」

かぁちゃん「なぁに。タロウ。」

タロウ「おかぁちゃん。おかぁちゃん。あのねぇ~」

てな感じ。
ほんと上手いな、秋山。
森乃進おじぃちゃんもすごい好き。斜め具合も好き。

最近のタロウは、虚言が出るようになりました。
子供はある程度虚言癖があると思っているし、虚言が出るのは想像力がある証拠だと思っているので、なんか私的にはうれしい感じです。
んで、昨日の保育園の帰り道でも、タロウの虚言が出ました。

タロウ「おかぁちゃん、おかぁちゃん、あのねぇ~」

かぁちゃん「なぁに、タロウ」

タロウ「あのねぇ、おかぁちゃん。タロウねぇ、昨日ひとりで(指を1本たてて)電車のってきたんだよぉ」

かぁちゃん「あら。そーなの?どこ行ってきたの?」

タロウ「うんとね。おかぁちゃん。タロウねぇ、中央線のってぇ、スーパーあずさのってぇ、ひたちものってぇ、かいじものってぇ、福岡まで行ってきた!」

かぁちゃん「わぁ、すごいね。ずいぶん遠くまでいったんだね」

タロウ「そいでね、福岡いったらね、ラピート(電車)のおもちゃ売ってたの!」

かぁちゃん「へぇ、そーなんだ。でもタロウ、もうラピート持ってるよね」

タロウ「うん。そーなんだけどぉkk75.gif(激しく苦悩しているらしく、このアイコンのように眉にしわ寄せてます)

タロウ「タロウ、ラピートかっちゃったんだぁ!kk02.gif

かぁちゃん「あらら。そーなの?持ってるのに?」

タロウ「うん。だってね、かぁちゃん。ラピートね、お安かったんだよ!kk74.gif

目の前を歩いていたおばぁちゃんが、えらい勢いでぶばっと吹き出していました(笑)

かぁちゃん「ああ、お安かったの。じゃあ、しょうがないよね。お得だもんねぇ」

タロウ「しょーがないよね。お安いからねkk02.gif

確かにタロウと一緒に買い物してる時、ほしがるお菓子なんかが安いと「これならお安いから買ってあげられるよ」とか言ってますが、ちゃんと意味がわかってたとは驚きでした(笑)
お安いのはいいことだ、と思っているようで、それもまた可愛いヤツめ。

ゲーム

えーと、今、綿流しの当日、午前10時過ぎ。
お昼近いかも。という位置です。

ところで
私が初めてひぐらしを読んだのは、2004年の5月。
2年以上前だな。すげーな。< フリーゲーム紹介の「サニーガール」というサイトで、体験版として公開された「鬼隠し編」のレビューが始まった直後だった。 「鬼隠し編」をやって、あんまりにも面白くて、妹にも布教して(笑) その年の8月に発売された『ひぐらしのなく頃に 鬼隠し~暇潰し編』を通販で買ったのが、初めての製品版入手だった。 だから、結構長い付き合いなんだな。これが。 こんな長いスパンでつきあうゲームって今までないし、これからも無いだろうし。 これで本当に最後ってのには、割と感慨深いものがある。 読み終わるまで、あとどんくらいかかるかなぁ。 んで、今のところの感想。

煙か土か食い物
煙か土か食い物
  • 発売元: 講談社
  • 発売日: 2004/12
  • 売上ランキング: 25344
  • おすすめ度 4.0

お気に入り度:rating_50.gif