バタフライ・エフェクト(ディレクターズカット版)

セル版DVDでのみ見る事ができるディレクターズカット版。
これを見て、劇場版の印象がガラっと変わりました。

もし、レンタルの劇場版を見て、ディレクターズカット版も見てみたい!と思った方は、以下の感想は読まない方が良いです。
ネタバレしまくりですから。
せっかくの楽しみが減っちゃうよ

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
  • アーチスト: アシュトン・カッチャー
  • 発売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2005/10/21
  • 売上ランキング: 1593
  • おすすめ度 4.5

お気に入り度:rating_35.gif
続きを読む

バタフライ・エフェクト(劇場版)

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
  • アーチスト: アシュトン・カッチャー
  • 発売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2005/10/21
  • 売上ランキング: 1593
  • おすすめ度 4.5

商品の説明
Amazon.co.jp
劇場公開された週末の興行収益のよさもさることながら、『バタフライ・エフェクト』は家で、後ろめたく思いながら見るのもまた楽しい作品だ。
脚本兼監督のエリック・ブレス、J・マッキー・グラバーのコンビ(2人は『デッドコースター』の原案を書いている)は、場当たり的に論理が展開するルールを崩しておらず、品のないサスペンスである本作も不快感をいっぱいにして、永遠の破滅が魅力的な選択肢に思えるように仕立ててある。
アシュトン・カッチャーが、 TVシリーズ「That ’70s Show」のキャラクターとは逆転して、心理学を学ぶ大学生を演じる。彼は子供のころの日記を読み返して、自分の過去を訪れ、トラウマになっている出来事を変えることができることに気づき、以前の不幸な結果を良くしたいと願う。
だがその代わりに、「バタフライ・エフェクト」というカオス理論(本作の題名であり、『ジュラシック・パーク』でジェフ・ゴールドブラムが演じたキャラクターによって有名になった理論)による向こう見ずな経験が、悪夢のように続く様々な出来事となる。どの出来事も彼や彼の友人たちにとって悲惨な結末となる。この興味深い前提条件は、いくつかの面白いひねりによって探求されるが、児童ポルノ、動物虐待、神を冒涜する暴力的な子どもたちといったわき筋によって娯楽映画と呼べる作品になっている。(Jeff Shannon, Amazon.com)

内容紹介
君を救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。
全世界で大ヒットを記録した、未体験のノンストップ・ラブサスペンス!!
最も切ないハッピーエンドの物語、待望のDVD解禁!!< 劇場公開版とは異なるエンディングのディレクターズカット版本篇&貴重な特典映像を特別収録した2枚組プレミアム・エディションDVDでリリース決定!!

お気に入り度:rating_40.gif

続きを読む

最初の記憶

私が自覚しているもっとも古い記憶=最初の記憶は、3歳の時。

母に連れられて、七五三のお祝いの着物を着て、青葉幼稚園にお披露目に行った時の事になります。

とてもきれいな紅い着物を着せてもらい、髪を結い上げ、きらきら光るかんざしを差してもらい、初めての草履で、歩きにくい着物。
紅い口紅もつけてもらいました。初めてのお化粧だったと思います。
母も着物を着ていて、「素敵だな」と思いました。

幼稚園の門の引き戸をあけて、敷居をまたぐのに苦労しました。
足が上げられなくて。
幼稚園は祝日休みでしたが、同じようにお披露目にくる園児がいるらしく、先生達がいました。
いつもは厳しく恐いという印象しか持っていなかったアオキ先生が、見たこともない笑顔で自分を出迎えてくれたのが、とても印象に残っています。

この時、私は3歳8ヶ月。
それが、今自覚できる最初の記憶です。

極道恐怖大劇場 牛頭(ごず)

極道恐怖大劇場 牛頭
極道恐怖大劇場 牛頭
  • アーチスト: 哀川翔
  • 発売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2003/07/11
  • 売上ランキング: 32331
  • おすすめ度 4.5

商品の説明
Amazon.co.jp
三池崇史が監督した長編映画だが、その表現の過激さ故、劇場公開が見送られ、ビデオ、DVDのみのリリースとなった。また2003年に開催された第56回カンヌ国際映画祭「監督週間」において上映され、賛否両論を巻き起こした。
字廻組構成員であるヤクザの南(曽根英樹)は、最近奇行が目立つ兄貴分の若頭・尾崎(哀川翔)をうっかり殺してしまう。途方に暮れた南が目を離したすきに死体は消えてしまい、それをきっかけにしたかのように南の周囲に奇妙な事件が次々と発生する。ついには地獄の番人・牛頭が出現。目覚めた南の股間に、死んだはずの尾崎からの「処分場で待つ」とのメッセージが入っていた。
冒頭の、チワワを撲殺する哀川翔から始まり、全編不気味で恐怖感を煽る描写のつるべ打ち。確かに三池監督のタッチが色濃く出た作品と言えるが、必然性なく、ただいたずらにそうした描写を楽しんでいるだけにも見えてしまう。それでもこの作品が2時間9分という上映時間を一気に見切ってしまうのは、人間が本質的に持つ不安感と破壊願望を刺激してやまないからだろうか。(斉藤守彦)

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
極道社会に予測不可能な超常現象が起こる、ヤクザたちの熱いドラマと恐怖映画がマッチしたヤクザホラー。奇行が目立つ兄貴分の尾崎を誤って殺してしまった南。目を離した隙に尾崎の死体が消え、2日目の深夜“牛頭”が尾崎からの手紙を差し出す…。

内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)
極道映画とホラー(というよりもおかしな世界に入り込むという『世にも奇妙な物語』風)が合体した三池監督ならではの怪作。三池作品なのでまともな登場人物は一人も出てこない(笑)。奇行の目立つ兄貴分をつい殺してしまった極道が奇妙な世界“名古屋”に入り込む。シュールでヘンテコリンな出来事が次々と起こるが、丹波哲郎、火野正平、加藤雅也という通称“悶絶オール・キャスト”の豪華な俳優陣が怪演を見せ、だんだんとこの変な世界にハマっていく……。なかでも死んだ兄貴の哀川翔が転生した吉野きみ佳(この設定だけで観たくなるでしょ?)がメチャメチャ色っぽくて魅力的。主題歌も最高だし、一発ギャグの連続のようなメイキングも最高におもしろい! (竹之内円) — 2003年09月号

お気に入り度:

続きを読む