ひぐらしのなく頃に(解) 祭囃し編 その4

最後まで終わりました。
あと、もう一つの裏エンディングも。

私の「ひぐらしのなく頃に」への読み方として、出題編で楽しんだホラー風味の強かった謎の回答が、「秘密組織」「謎の寄生虫」「実在してる幽霊」であったという事が、とにかく最後まで納得しきれずに終わりました。
うんと。別に、その、「秘密組織」も「謎の寄生虫」もそれはそれで、もっとちゃんと納得できる見せ方があれば、もう少しは受け入れられたんだと思う。
唐突な出現と、ステレオタイプの見せ方に、どうにも陳腐さを感じてしまい、おいて行かれた40歳なのですよ。のれなかったんだよね。ほんとに。
もっと私をだましてほしかった。だましきってほしかった。と思う。

そういう部分へのリアリティとか背景の提示の仕方が、ものすごく強引だったり、変に偏った思想だったり、武器や組織体制の記述だけがエンエン続いていたり、無駄な描写がとことん多かった。

鷹野の後ろ盾の小泉じぃちゃんの発言ってのがさ。もうさ。
ものすっごい嘘くさい。ちっとも、政治の裏を取り仕切っている人物の発言とは思えない。
なんつーのか。役不足。
だったらいっそ、セリフありの出演部分なんか、ない方がよかった。

リアリティと背景を深めようとする描写がことごとく薄っぺらく感じてしまうので、読んでいてどんどん冷めていってしまったのですよ。

冷めてしまった状態で、あの超人バトル大会を見せられてもさ。
もうついていけないのですよ。

超人バトルの果ての「奇跡」とか言われても。
それはもう「奇跡」ではなく「必然」。あって当然。何の不思議も神々しさも感じない。

まぁ、でも、この乗り切れなかった状況は、私の方に責任があるハナシなので。
もうあきらめるしかない。

私がのれなかったんだもん。
私がいけないね。あはーん。

あー、でも、「野村」が、鷹野の研究で「女王感染者の死後集団発狂」の点を、まったく信じていなかったのは、よかったよ。
私も指摘できた点だし。
「わぁ。あたしと同じ事いってるー!」と、共感できた部分です。

でね。
そういった、のりきれなかったという状況はおいといて、物語として、ものすごい疑問が残ったままなのですよ。

続きを読む

タロウ語録 その5

はねるのトびらの「哲哉とお父さん」が好きです。
哲哉をやってるロバートの秋山くんはすごいと思います。

なんであんなに子供の言動とか行動とか思考を理解してるんでしょうか。
すっげー。あれ。

特に、やたらと「おとーさーん。おとーさーん。」と、返事しようが返事しまいが何度もお父さんを呼んでいるトコ。
うちのタロウもよくやりますよ。

タロウ「おかぁちゃん。あのね。おかぁちゃん。」

かぁちゃん「なぁに。タロウ。」

タロウ「おかぁちゃん。おかぁちゃん。あのねぇ~」

てな感じ。
ほんと上手いな、秋山。
森乃進おじぃちゃんもすごい好き。斜め具合も好き。

最近のタロウは、虚言が出るようになりました。
子供はある程度虚言癖があると思っているし、虚言が出るのは想像力がある証拠だと思っているので、なんか私的にはうれしい感じです。
んで、昨日の保育園の帰り道でも、タロウの虚言が出ました。

タロウ「おかぁちゃん、おかぁちゃん、あのねぇ~」

かぁちゃん「なぁに、タロウ」

タロウ「あのねぇ、おかぁちゃん。タロウねぇ、昨日ひとりで(指を1本たてて)電車のってきたんだよぉ」

かぁちゃん「あら。そーなの?どこ行ってきたの?」

タロウ「うんとね。おかぁちゃん。タロウねぇ、中央線のってぇ、スーパーあずさのってぇ、ひたちものってぇ、かいじものってぇ、福岡まで行ってきた!」

かぁちゃん「わぁ、すごいね。ずいぶん遠くまでいったんだね」

タロウ「そいでね、福岡いったらね、ラピート(電車)のおもちゃ売ってたの!」

かぁちゃん「へぇ、そーなんだ。でもタロウ、もうラピート持ってるよね」

タロウ「うん。そーなんだけどぉkk75.gif(激しく苦悩しているらしく、このアイコンのように眉にしわ寄せてます)

タロウ「タロウ、ラピートかっちゃったんだぁ!kk02.gif

かぁちゃん「あらら。そーなの?持ってるのに?」

タロウ「うん。だってね、かぁちゃん。ラピートね、お安かったんだよ!kk74.gif

目の前を歩いていたおばぁちゃんが、えらい勢いでぶばっと吹き出していました(笑)

かぁちゃん「ああ、お安かったの。じゃあ、しょうがないよね。お得だもんねぇ」

タロウ「しょーがないよね。お安いからねkk02.gif

確かにタロウと一緒に買い物してる時、ほしがるお菓子なんかが安いと「これならお安いから買ってあげられるよ」とか言ってますが、ちゃんと意味がわかってたとは驚きでした(笑)
お安いのはいいことだ、と思っているようで、それもまた可愛いヤツめ。

ひぐらしのなく頃に(解) 祭囃し編 その3

えーと、今、綿流しの当日、午前10時過ぎ。
お昼近いかも。という位置です。

ところで
私が初めてひぐらしを読んだのは、2004年の5月。
2年以上前だな。すげーな。< フリーゲーム紹介の「サニーガール」というサイトで、体験版として公開された「鬼隠し編」のレビューが始まった直後だった。 「鬼隠し編」をやって、あんまりにも面白くて、妹にも布教して(笑) その年の8月に発売された『ひぐらしのなく頃に 鬼隠し~暇潰し編』を通販で買ったのが、初めての製品版入手だった。 だから、結構長い付き合いなんだな。これが。 こんな長いスパンでつきあうゲームって今までないし、これからも無いだろうし。 これで本当に最後ってのには、割と感慨深いものがある。 読み終わるまで、あとどんくらいかかるかなぁ。 んで、今のところの感想。 続きを読む

子供の写真を載せるという事

今現在、このサイトには、2枚ほどタロウの写真を載せています。
でも、もう載せない事にしました。

本当は載せたいんだけど。
だって、タロウ、可愛いもん。すっげ可愛いもん。
こんな可愛い子みたことないほど可愛いもん。
だから、たーくさんタロウの写真載せたい。
タロウの毎日の記録にもなるし、成長の記録にもなるし。

でも、そーゆー子供の成長記録を気軽に公表しちゃうのは、なんかやっぱり危険なカホリがするし。

あとね。うーんと。ほら。
タロウの写真はたくさん載せられるけど、私の自分自身の写真を載せる気は、これっぽっちも無いのですよ。

それって、本当は何か変だよねぇ。
自分は公表したくないけど、子供は公表したい。
自分のプライバシーは守りたいけど、子供は公表したい。
変だよ。やっぱり。

なんつーか。極端なハナシ、子供の人権・人格をまるで無視してる感じ。
子供は私の物だから、私の権限で公表する、みたいなさ。
なんか、こー、ちょっとおかしいなぁ、、、と。自分で自分につっこんだワケですよ。

これは、あくまで私の場合のハナシです。

ご自身とお子さんともども写真を載せて育児サイトやってる方も沢山いるし。
とくにどこかのサイトと限定しているハナシではなく、私の問題。

私が、思ったハナシです。
私が今までに載せた子供の写真に対するスタンスは、おかしかったと、私が思ったんです。

でも、タロウ可愛いんですよ。ほんとに。
「わぁ、あの子かわい~」なんて言われるの日常だし、「こんなに可愛い子だと、さらわれちゃうかもしれないから、お母さん気をつけないとダメよ!」と真顔で見知らぬ人に言われた事もあります。
可愛いから、いっぱい写真とって、いっぱい残しておきたいし、ちっさい日常もどんな表情も、全部記録しておきたいけれど。
それを公表するのは、私的には、やらない方がいいな、と判断したわけなのです。

タロウの成長に伴う面白い話とか、タロウのおもしろ発言とかは書きたいなーと思いますけど、もう、写真はナシ
でも、タロウ写真は、私と私の家族・知人だけが見えるようには載せていきますけど
不特定多数の人が、いつでもみれる形での、タロウの写真の公表は、もうしない、と決めました

載せたいんだけどね。自慢の可愛いタロウだから。
でも、それは、やっぱ、なんか、ダメだわ。
私が私を載せる気ゼロなのに、タロウ載せる気100%って、ずるいし、酷いわ。

じゃあ、自分も載せれば、タロウも載せるのかってーと、それもちがう。
そこにタロウの意志がないから。
タロウ自身、Webに写真を公表する事がどういう事なのかって理解できないワケだしさ。
何も知らない、わからない所で、私が勝手にタロウの写真をべたべたブログに貼りまくるのは、やっぱなぁ。。
というワケで、今現在公表されている2枚の写真を残して、以後の公開はしない事にしました。
今ある写真もはだかんぼライダーとか、あられもない写真なんだけどね(笑)