ご案内

「はにぃびーむ」は無責任な雑記帳and記録帳です。
それが何だと言われても、たぶん何でもないのです。

基本、ホラー好きです。
※DVDや本の感想などはほとんどネタバレ仕様です。

***********************************************************************************

うっかりまちがえて入ってしまったAmazonプライムだけど、こんなに便利だとわ。。
しかも、Amazonビデオ、捗りすぎ!!

ゲーム

2年以上にも渡って付き合ってきた同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に」が完結しました。
それなりに感慨深いものがありますが、今は正直に言うと、「がっかりした」です。

私が初めて買った製品版は、「暇潰し編」発表の時です。
過去に書いていたブログや日記なんかに、「綿流し編」「祟殺し編」「目明し編」「罪滅し編」「皆殺し編」を読んだ当時の感想が残っていますので、それらの感想をまとめておこうと思います。

完結した今、それらの感想を見直すのは、多少意地悪な視点ではありますけど。
そういう整理をしないと、自分の中で、ちゃんと終われない気持ちなのです。

というワケで、以下、それぞれ読んだ当時の感想です。

<<<綿流し>>> 2004/07/15

「綿流し編」、さいしょ「せんながし」かと思ってた。
言葉の本当の意味を知った時は、ぞっとした。いや、もう。
なんかね、もう。梨花ちゃんケナゲに踊ってたりとかしてさ。

いや、もうね、本当「魅音編」なのねぇ。
なんか今回はレナが豹変せずにすごく冷静で頼もしい態度だったから、びっくり。
あと、この編で一番怖いのは、やっぱ、あの電話で豹変するトコでしょ。
泣き声から、笑い声に変化する所までは予想できたけどさ、でも、あんなすさまじい笑い声になるとは思ってなくて、やっぱり「ひぃ!」ってなったし
続けて、いきなり目が出た時は、もう、固まりましたよ
声もでないし、リアクションもとれなかったよ。

うーん。それにしても、救いがない。。。「鬼隠し編」では無傷だった梨花ちゃんと沙都子ちゃんが、あんな事に。
いやー、でも、もう、すっかりわかんなくなっちゃったよ。
何が謎で、何が何なんだったっけなぁ。
公式サイトとか見ると、魅音と詩音途中から入れ替わってた説があったりするし。
でもなぁ、梨花ちゃん、注射器持ってるし。
レナの推理もできすぎっちゃ、できすぎだし。
つか、鷹野三四。あんたが、一番わからない。
死んでたんでしょ?しかも、何、その趣味。すごい資料持ってるし。
一介の看護婦が趣味で調べる範疇を超えてるってばさ。
なんか他に目的があったと思うんだよねぇ。。

回答編が出たら、どんな風になるんだろうなぁ。
きっと、勝手に期待はずれだったって怒る人とか、さらにその回答編の矛盾点を探す人とか、それはもう、いろいろ言われるに決まってるyよね。
作者さん、そういったプレッシャーの中、お仕事もしながら書くのって大変だよねぇ。

<<<祟殺し>>> 2004/09/28

ひぃ!最凶!!
なにが最凶って、圭一が(笑)
沙都子を自宅に監禁する方法を一晩中妄想するし(笑)
変な八つ当たりで、自分を棚に上げてみんなを罵倒するし(笑)
自力でトリップするし(笑)
おじさん、殺っちゃうし(笑)
沙都子ちゃん、全裸ですよ!見えてるから、隠して、隠してー!!
あと、梨花ちゃん!!!!全裸だそうですよ!!丸出しです!色々!

全裸幼女だらけの雛見沢。

3編通して、キャラクター達の行動原理や性格が同じという事で、
ノベルゲームの分岐点の選択で、こんな風に物語が変わるんだよ、というのを
すごく壮大で贅沢な見せ方をしてもらってるのね。これは面白いよ。
3編やって、初めて、本当の面白さに気づく。

「鬼隠し編」「祟殺し編」では出てこなかった鷹野&富竹の祭具殿侵入は、
描写がなかっただけで、物語通して、行われてるはずなのよね。
そういう、見せてないけど起きている事象の流れっていうのが、どの編でも必ずあるんだよね。

ていうか、何が謎で、何が事件なのかすら、見失いつつある。
どの事件についての謎が、根本なのか、わからない。
全てはばらばらなようでいて、全てつながっているようにも思える。
つながっていると思うと、ばらばらなようにも思えるし。
面白いなぁ。

<<<目明かし編>>> 2005/01/25

いや、面白かった。翻弄された。
見せ方がまた凝っていて、うわーと驚いた。
あんな見せ方ができるなんてなー。
詩音の発言と、公由おじさんの発言の裏で暴発する「あれ?」はすごかった。
あの見せ方はすんごい効果的だ。

詩音視点から語られる「綿流し編」は、すごい面白かった。
ストーカー気質の詩音(笑)
すげー壊れっぷりを披露してくれましたよ。ものすんごいよ。
黒い一人称視点の話につきあうのは面白いです(笑)
徐々に徐々に、想うが故に確実に、普通の道から逸脱していく。

こーゆー風に他の出題編も回答されてくのかなぁ。
すげえなぁ。
どんだけの人が、どんな理由で、どこまで狂っていくんだろうか。

「目明かし編」は、「綿流し編」の解決編って事だけど、謎はまだまだ沢山ある。
全てが解決されてるワケじゃなく。
謎を残したままにしてる配分も、いい感じ。
詩音が知らない事は、物語からは無関係な位置にあって、それは当然だし。

ただ、詩音は、実際に雛見沢住んでいるワケじゃないし、ダム闘争の時もすでに部外者だったワケだから、「雛見沢連続怪死事件」とは関わっていない人物だから、本当の所、この目明かし編は、番外編に当たるんじゃないだろうか。
そういう意味では、まだ「解答」ではないのかもしれない。
実際、新しくわかった事実はたいして無いもんなぁ。
まぁ、でも、こーゆー風に出題編の真実が語られるのは、楽しい。
すごいワクワクですよ。

<<<罪滅ぼし編>>> 2005/08/22

賛否両論(笑)。だよなぁ。今回はレナ視点から物語が語られる部分が多いけど、、そのときのモノローグでのレナが、今までのレナの違いすぎて、暴走の仕方や暴走っぷりが、前回目明かし編の詩音と区別できない(笑)

で、レナが暴走する前提になるのが、リナ&鉄平の殺害になるわけだけども。
そして、そんなレナの犯罪を、圭一達が無条件でかばうと決めた仲間意識が、祟殺し編での圭一が鉄平を殺害した際の状況にもつながってくるワケで。
罪滅ぼし編で埋めた死体をレナに秘密で移動させた園崎なら、祟殺し編で誰にも内緒で埋めたはずの鉄平の死体も園崎が移動したんだろうという予測ができるのね。
罪滅ぼし編で、暴走するレナを客観的に圭一がみる事で、鬼隠し編での圭一の行動が説明されてくのね。
ここらへんの回答の出し方は面白い。

ただ、前回の目明し編でも謎は残ったというか、放置されたものがあった。
意図的に放置されたのか、鬼隠し編でちらばした謎をすべて解明させるつもりは最初からなかったのか、なんか歯切れが悪い感じがする。細かい問題まで説明し尽くす回答編は永久に出ないのかもしれない、と思う。

しかも、平行世界の記憶を辿れる能力者の圭一とか、平行世界をループしまくるリカちゃんの存在とか。
言ってしまえば、かなり卑怯な設定が次々と明るみに出てるし(笑)
「暇潰し編」でそれらしい世界観がちらりと臭わされるけれど。
それを考察に加える事は、「推理」ではなく「ファンタジーな妄想」になる。
何でもありの世界の中で、何を「考察」する事になる?
「何でもあり」なら、「何でもありえる」んだから、なにも考える余地はないですよ。
「実は、こんな未知の!不思議な!ありえない!XXXX があったのです!」と言えばいいだけになっちゃうし。
それじゃあ、「物語」として、何も面白味もないじゃんね。
あとねぇ、最後のあの戦闘シーンは、なんかもう、全然いらないから。もっともっと短くていいから。
今までの流れからでは、考えられないよ。警察官が大量に屋根の上の殺し合いをただ、黙ってみてたなんて。
あの大石ですら。いきなり違うゲーム世界に飛ばされちゃったなー、という感じでした。

今まで楽しんできた「ひぐらし」の世界が、ちょっと思ってたのとちがかったのだと、はっきり認識させられた編でした。

<<<皆殺し編>>> 2006/01/12

今までの回答編と違い、オープニングからいきなりのSF視点でした。
なんつーか、いきなりアマチュア臭が強くなったな、と。
10年前に既に語られつくしたパラレルワールド、運命ループの設定を延々語られちゃったりして。
出鼻をくじかれるというか、別な意味で驚かされました。
なんで、いきなりこんな稚拙な事になってるのか、と。正直、だいぶ読み飛ばしました(笑)
このオープニングは、好きじゃないです。生理的に。

んで、今回は祟り殺し編の解にあたるらしく、サトコがターゲットです。
祟り殺し編では、突然の叔父の帰還で再び虐待地獄に陥ったサトコを、地獄に入る前に救う展開です。
仲間!団結!信じる!勇気!が執拗に繰り返されるのです。
圭一達がサトコの為に団結すればするほど、当のサトコを置いてきぼりに、「サトコの為に団結してる自分たちって、かっこいいよな!」って熱さがさぁ。
ここら辺の狂信的な盛り上がりを、「熱い展開」と感じられる感性は私には無くて(笑)
あと、大挙して役所におしかけるのであれば、大挙して、北条鉄平自身に抗議した方が早いと思うんだけど。
村中で、サトコを守る姿勢をみせれば、北条だってもう村には入れないでしょうに。
何故、ここに来てどうしても政治的な解決が必須なのか?
どうして、そこにリアリティを求めるのか。どうにもバランスのおかしさを感じる。

国家的陰謀の引き金となったのが、雛見沢にだけ発生する病原菌と、「女王」ウィルスの存在。て。
感染性があるにも関わらず、雛見沢という土地以外では、繁殖しない未知の病原菌だし。
「未知の薬物」の作用で「未知の不治の病が発症」して「喉をかきむしらずにいられなくなる」って、あーた(笑)
「未知」を、何の裏付けもなく「存在」させる強引さは、なんつーか。無茶やったなーと。
あと「女王」ウィルスってあーた。これまた、ものすごい飛び出しましたよ、と(笑)
多分、どうしても、集団殺戮の指揮を、鷹野が取るシーンを書きたかったんだろうなぁ、と。
そんで鷹野に馬鹿みたいに「我をあがめよ!」なんて、独り言を叫ぶシーンが書きたかったんだろうなぁ。と。
罪滅し編の後半からも確実に臭ってきていた「作者が熱くなっている文章」ってのが、どんどん私を置いてきぼりにしますよ。
「作者が熱くなって悦に入りながら書いている文章」は、「物語的を熱くさせて盛り上がる」とはイコールにならないですね。
むしろ、そういう盛り上げたい部分でこそ、冷静に文章の表現行うべきだと思うなぁ。

DVD

セル版DVDでのみ見る事ができるディレクターズカット版。
これを見て、劇場版の印象がガラっと変わりました。

もし、レンタルの劇場版を見て、ディレクターズカット版も見てみたい!と思った方は、以下の感想は読まない方が良いです。
ネタバレしまくりですから。
せっかくの楽しみが減っちゃうよ

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
  • アーチスト: アシュトン・カッチャー
  • 発売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2005/10/21
  • 売上ランキング: 1593
  • おすすめ度 4.5

お気に入り度:rating_35.gif

DVD

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
  • アーチスト: アシュトン・カッチャー
  • 発売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2005/10/21
  • 売上ランキング: 1593
  • おすすめ度 4.5

商品の説明
Amazon.co.jp
劇場公開された週末の興行収益のよさもさることながら、『バタフライ・エフェクト』は家で、後ろめたく思いながら見るのもまた楽しい作品だ。
脚本兼監督のエリック・ブレス、J・マッキー・グラバーのコンビ(2人は『デッドコースター』の原案を書いている)は、場当たり的に論理が展開するルールを崩しておらず、品のないサスペンスである本作も不快感をいっぱいにして、永遠の破滅が魅力的な選択肢に思えるように仕立ててある。
アシュトン・カッチャーが、 TVシリーズ「That ’70s Show」のキャラクターとは逆転して、心理学を学ぶ大学生を演じる。彼は子供のころの日記を読み返して、自分の過去を訪れ、トラウマになっている出来事を変えることができることに気づき、以前の不幸な結果を良くしたいと願う。
だがその代わりに、「バタフライ・エフェクト」というカオス理論(本作の題名であり、『ジュラシック・パーク』でジェフ・ゴールドブラムが演じたキャラクターによって有名になった理論)による向こう見ずな経験が、悪夢のように続く様々な出来事となる。どの出来事も彼や彼の友人たちにとって悲惨な結末となる。この興味深い前提条件は、いくつかの面白いひねりによって探求されるが、児童ポルノ、動物虐待、神を冒涜する暴力的な子どもたちといったわき筋によって娯楽映画と呼べる作品になっている。(Jeff Shannon, Amazon.com)

内容紹介
君を救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。
全世界で大ヒットを記録した、未体験のノンストップ・ラブサスペンス!!
最も切ないハッピーエンドの物語、待望のDVD解禁!!< 劇場公開版とは異なるエンディングのディレクターズカット版本篇&貴重な特典映像を特別収録した2枚組プレミアム・エディションDVDでリリース決定!!

お気に入り度:rating_40.gif

ハードボイルド・エッグ
ハードボイルド・エッグ
  • 発売元: 双葉社
  • 発売日: 1999/10
  • 売上ランキング: 750884
  • おすすめ度 4.0

お気に入り度:rating_40.gif

昔語り

私が自覚しているもっとも古い記憶=最初の記憶は、3歳の時。

母に連れられて、七五三のお祝いの着物を着て、青葉幼稚園にお披露目に行った時の事になります。

とてもきれいな紅い着物を着せてもらい、髪を結い上げ、きらきら光るかんざしを差してもらい、初めての草履で、歩きにくい着物。
紅い口紅もつけてもらいました。初めてのお化粧だったと思います。
母も着物を着ていて、「素敵だな」と思いました。

幼稚園の門の引き戸をあけて、敷居をまたぐのに苦労しました。
足が上げられなくて。
幼稚園は祝日休みでしたが、同じようにお披露目にくる園児がいるらしく、先生達がいました。
いつもは厳しく恐いという印象しか持っていなかったアオキ先生が、見たこともない笑顔で自分を出迎えてくれたのが、とても印象に残っています。

この時、私は3歳8ヶ月。
それが、今自覚できる最初の記憶です。