雑記

劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎 壊(Punk)「蜉蝣峠」 を妹と見にいったよ。

赤坂というのは、とても綺麗な町ですね。
自分、渋谷の南口にそびえるでっかいビルで働いていますが、渋谷は、赤坂みたいに綺麗ではねーです。
駅でて上がる歩道橋の古さ・汚さ。
生け垣の中途半端な放置加減に、薄汚れ加減。
若者の街として人気の渋谷ですが、道の端々、公共施設の古さ、新しいビルと古いビルの清潔度の格差など。
赤坂に比べると、ずいぶんと統一感のない町なのだな、とか思ったりとか。
とにかく赤坂は綺麗だった。どこもかしこもピカピカ。
歩く人々は、きっと業界人だらけなのだろう(笑)

んで、「蜉蝣峠」は、去年「五右衛門ロック」以来の舞台です。
「五右衛門ロック」は、見終わってみれば、主役とは名ばかりで古田新太の出番が少なくて悲しかった(笑)
「蜉蝣峠」は、新太がいっぱい出たし、どこか陰を背負っているテンション低めの役柄だったので、じっくりゆっくり新太が見られてよかったです。

でも、話的には、いきなり楽屋落ちが延々続いて、しかもそれが忘れた頃にまた展開されたりと、物語世界に集中するのを拒否する仕様が、わざと使われているのがイヤだった。
あと、無駄に人が死にすぎたし、ハッピーになった人は誰もいなかった。
某所でさんざん言われてるけど、銀ちゃんとサルキジは幸せになって欲しかった。
なにも、銀ちゃんがあそこまでサルキジを拒否する事はないし。

それから登場人物達の年齢がいったいどーなっているのかさっぱりわからなかった。
本物の闇彦は、14歳で村を出て、それから25年後の話なので、39歳って事だよね。
んで、新太の闇彦は、その時隠密として働いていたワケだから、少なくとも18歳か、それ以上。
で、たぶん天晴と同じ歳・・なのかなぁ。
でも正直、天晴と新太の闇彦は、どうみても歳が同じにはみえないし(笑)
あと、おるいちゃんは、闇彦より二つ下だったはずなので、37歳ですか(笑)
みえませんね。全然、そんな風には(笑)

なんかな。
配置されたキャラクターとしての役目はわかるんだけど、それぞれのつながりが、やっぱりどうにも希薄な感じがした。
そいでもって、最後がアンハッピーエンドなので、誰に対して、どう思っていいのか、ちょっとわからなくなる。

でも、最後、倒れた新太が最後につぶやく「ははうえ・・」という一言には、ものすごく舞台役者としての高度な演技力を感じました。
私的には、それだけで、もういいかな、と。
ローテンションの新太は、ぞくぞくするほど色っぽい。
ハイテンションの新太は可愛いけどね(笑)

いろいろ脚本的な事で色々言われるのはしょうがないって感じではあったけど、笑ったし、ハラハラしたし、ちょっとジーンとしたり、あっと驚かされる演出はあったし、結構楽しんだよ。

新太よかった。すごく。

雑記

劇団☆新感線の「五右衛門ロック」を観てきました。
今回の主演は、世界一大好きな古田新太!
新太の魅力は舞台に有りなのよー!
しかも、場所は新宿コマ劇場!
20年以上前、妹連れて、榊原郁恵のピーター・パンを見にいった事がありますよー!

で、劇場入って、妹が買ったパンフ見せてもらって、新太はもちろんかっちょいいんだけど、それよりも北大路欣也の神々しいまでの禍々しさにココロ貫かれてしまった(笑)
こういう王者、王者した人に仕えたい(笑) 叱られたいし、罵られたい(笑)
などというドM魂に火をつけられてしまったよ。
あと、劇場にいのうえひでのり氏がいらっさいました。なんか疲れた顔でぼーっとしてました。

んで、劇が始まってみると、いつもの凝ったオープニングとは違って、割とシンプルなオープニング。
いままでの新感線だと、結構オープニングで驚かせてくれたんだけどな。
劇場の仕組みのせいかな?
などと思いつつ、観ていると、大好きな新太登場!
大泥棒五右衛門役の新太に対して、ルパンの銭形の役回りの江口洋介や、明らかに不二子ちゃん役の松雪泰子。
BGMまでルパン風だったりする。
もうなんか、江口洋介は、五右衛門追う時に、「まてぇ~!ルパ~ン!」って言っちゃっていいと思うよ(笑)
で、森山未来ちゃんは相変わらずすごい運動量の動きで圧倒してくれる。
北大路欣也は、ほんとに王者、王者してて、見てるだけで傅きたくなる。
ラストの、未来ちゃん、松雪泰子、江口洋介、古田新太の口上述べは、もんのすごい盛り上がった。
すごい勢いで舞台に引きつけられる。
もんのすごい吸引力だった。ほんとに、「ギューーーーーーーン!」って効果音がしそうなくらい。
で、最後は観客ほぼ全員スタンディングで拍手でしたよ。
新太は、かっちょいい!
こういう役やらせると、ほんと新太は色っぽい!

見終わった直後は、最後の大盛り上がりに興奮していたけれど、少し時間経って考えてみると、アレなんだよね。今回のは、なんか、すごい手抜き感がする、と思った。
ストーリー的に、ものすごい直球っつーか、ひねりがないタイプの話で、全部が予想の範疇内でピタピタっと収まっていく。
ほっぽりっぱなしの設定も結構多い。
中盤、主役の新太が一切でなくなる(笑)
予定調和の流れが多い。
新太がラストの口上述べで見せてくれた吸引力を発揮する場面が、ほんとにそのラストにしか無かった。
新太は、もっともっと観客を引き寄せられる役者なのに、すごく遠慮してる感じがした。
だからこそ、ラストの口上にものすごいちからが入っていたのかも、とか考えたりもする。
共演者に大物が多かったせいかなぁ。
あと、松雪泰子が歌うシーンがすごい多かったですよ。
もっと新太や欣也にも歌って欲しかったのです。
それから、戦闘シーンが不必要に多いし、長い。
舞台上に主演級の役者が一人もいないのに、戦闘が続いているシーンが結構あったんだよね。
なんか、どこ見ていいのか困る。
時間が経ってから、こうして思い返してみると、ちょっとがっかりしてしまう。
もっと新太の五右衛門の、色っぽくてしたたかで粋な役を活かしてほしかったなぁ。
新太なら、それが出来るのに。
そんな新太がみたかったー!
今度は、純粋に新太が主演の舞台が見たいっすよ。うんと派手なヤツで。

雑記

昨日、劇団☆新感線の「朧の森の鬼」@新橋演舞場を妹と観に行きました。

劇団☆新感線は、ここ数年はほとんど公演逃さず観ることができてますが、
劇場での演出のすばらしさには毎回驚かされます。

新橋演舞場は、歌舞伎座よりも大衆的な歌舞伎座って感じで好きです。

また座った席が、花道真横でものすごい見やすい良い位置だったっす。
チケットを取ってくれた妹に多謝。
オープニング、朧の森の鬼達に出会うライ(市川染五郎)の場面の演出がすごかった。
実際に水をつかった雨と滝に、滝の中からあらわれる劇のタイトル文字。
びっくりしたー。
劇タイトルを、舞台上でこんな劇的に見せられるなんて、すげーなー!と思いましたよ。

私は、古田新太が大好きで、ホント好きっす。全部好きpp_11a.gif
なんか、また一段と顔が丸く大きくなったようで、それも好きpp_11a.gif
そうじゃなくちゃ新太じゃないってくらい好きpp_11a.gif

今回の新太は、私が好きな悪役なんだけど、ダークサイドの悪役臭がちょっと物足りなかった。
まぁ、主役のライが一番の悪役なので、染五郎くっちゃダメだもんね(笑)

歌の部分やセリフの部分で、聞き取りにくい所もあったけど、それでも
どんどん鬼以上に魔に染まっていくライを染五郎が、これでもかってくらい熱演してて、すごかったです。
あと、ライと対照的に純真無垢な一直線馬鹿のキンタを演じた阿部サダヲは、お得な役回りだったなぁ、と。
観客全員から愛される為の役だもんね。
阿部サダヲは、こーゆー純真馬鹿一直線な役をやらせるとはまるね。ぴたっと。

なんか前半はすごーく長く感じたけど、後半はあっというまに終わったなぁ。

最後のアンコールでスタンディングオベーションになったのはうれしかったなぁ。

こんな素敵な舞台で、こんなすごい舞台演出で、観客にこんな拍手送ってもらえて、舞台役者さん達って、いいなぁ。とか思いましたよ。
私も、できれば舞台に関わる仕事がしたいと、一時期思ったものでした。
希望は舞台照明で、その手の専門学校の資料なんかも集めたもんでした(笑)
あー、若かったなぁ(笑)

今回の公演で残念だったのは、新太が花道通ってくれたのが1回だけだったって事。
もっと側で観たかったなー。
アンコールの時も、自分のいる位置とは反対側だったしなぁ。ちぇーーー。

悪人が主役の劇だから、ハッピーエンドじゃないのは当たり前として、できれば後日談で、子供ぼろぼろできたキンタ一家が昔話をするとか、そーゆー救いが一個あったらよかったなぁ。