「九十九十九」:舞城王太郎

九十九十九
九十九十九
  • 発売元: 講談社
  • 発売日: 2007/01/12
  • 売上ランキング: 45245

「苦しさを感じるなら、僕なんて愛さなくていいんだ」
超絶のメタ探偵・九十九十九の魂の旅。

聖書/『創世記(ジェネシス)』/『ヨハネの黙示録(アポカリプス)』の見立て連続殺人を主旋律に、神/「清涼院流水(せいりょういんりゅうすい)」の喇叭(ラッパ)が吹き荒れる舞台(ダンスフロア)で踊りつづける超絶のメタ探偵・九十九十九(つくもじゅうく)の魂の旅が圧倒的文圧で語られる
”世紀の傑作”はついに王太郎の手によって書かれてしまった!「ハァレルゥヤ!」

お気に入り度:rating_35.gif

続きを読む

「暗闇の中で子供」:舞城王太郎

暗闇の中で子供―The Childish Darkness
暗闇の中で子供―The Childish Darkness
  • 発売元: 講談社
  • 発売日: 2001/09
  • 売上ランキング: 63638
  • おすすめ度 4.0

お気に入り度:rating_50.gif

「煙か土か食い物」の続編。奈津川家シリーズ第二弾。
今回の語り部は、三郎。

すげー!すげー!
すげーよ、三郎!あんたはプロの嘘つきだよ!(笑)
三郎は「完璧天才超速思考の四郎」とちがってうじうじ悩んでばっかだし、やる気もないし、横道それたり、回り道したり、ひらめきが無かったり、欠点の多い人間だけど、それが三郎!シュビドゥバ!って事だ!
だってラストにそう書いてあるもんね。

以下、完璧なネタバレ含みでの感想。
まだこの本を読んでない人は、読まない方が良いですよ。
面白くなくなっちゃうよ。

続きを読む