雑記

シルクロード・ガーデンで豪華な食事をして、大変満足して、ホテルに戻ったのは、19:15頃。

19:20
シーに再入園して、海底2万マイルに。

20:10
海底2万マイルを出て、20:55のビック・バンド・ビートを見るために移動。
移動中に、ファンタズミックを鑑賞。
すごく綺麗で面白かった。これもやっぱり、最初からちゃんとした場所で見たかったなー。

20:30
ちょっと早めにシアターに入場。
シアターの雰囲気をたっぷり味わう(笑)

21:25
かっこいいミッキーに大満足して、シアターを出た。

21:30
タロウが、今だったらトイ・ストーリー・マニア乗れるかも!というので行ってみると、90分待ちのスタンバイで、並びは締め切られていた。
いや、これ、どうするの。全員出る頃には、11時近くなってるじゃん。
これは、もう、トイ・ストーリー・マニアにとって、日常的な状態なのかしら。
すげえな。
タロウが、非常にがっかりしていたけど、仕方ないので、また、ちょっと買い物。
明日の朝ご飯用に、マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリーで生ハムとチーズのバジルソースサンドウィッチを買って帰る。
あと、夜食用にリトルグリーンまんも買った。

翌日は、また、私一人でディズニーランドに、ハッピー15エントリーに並ぶため、午前5時にミラコスタを出ることが決まっている(笑)

グリーンまん食べて、お風呂に入って、出てみると、もうタロウはぐっすり寝てた。
すごいかわいい。ぐったり眠ってる。かわいくって困る。

で、私も就寝。

雑記

13:15
シンドバッドを出て、ミスティック・リズムを見るために移動。
もう、入場始まっていて、終盤。
座れたものの、一番端の方だった。
正直、ちょっと見にくい位置。
でも、まぁ、いいか。と。

14:30
ミスティック・リズムを出て、ミート・ミッキーの写真を取りにエントランス近くの写真屋さんに移動。遠い。
で、写真を受け取って戻ると、ちょうどレジェンド・オブ・ミシカが始まっていた。
いつも途中から見てしまって、最初からしっかりみればよかったと後悔するんだけど、やっぱり今回もちゃんと初めから見てなかった事を後悔した(笑)
楽しかったー。

15:00
マジック・ランプ・シアターのFPで入場。

15:30
マジック・ランプ・シアターを出てから、タロウは、マジックショップを見たい、と。
私は、明日のディズニーランドのために、健保チケットを先に取り替えるため、ランドに移動することに。
ミラコスタ専用の出入口から入り、ホテルの正面玄関から出て、リゾートラインに。
宿泊特典で、二日間のリゾートラインが乗り放題なのがうれしい。
ディズニーランドに行く前に、イクスピアリで降りて、ちょっと買い物。
それからまたリゾートラインにのって、ディズニーランドに。チケットを引き換えて、またリゾートラインに乗って、ミラコスタへ。

17:00
夫に電話すると、もうミラコスタの部屋に入ってると。
ニヤニヤしながら、私もミラコスタへ。
5階にあがって、部屋に。
部屋は、ダブルベットと、その下から一人分のトランジットベットが出せて、机と椅子がある感じ。
意外と狭いと聞いていたので、逆に思っていたより広く感じた。
そして、期待していた眺めは、正直、意外とがっかり。
ミラコスタからの眺め
ヴェネチア・サイドではあるけれど、ミラコスタプール寄りで、ゴンドラ乗り場が、やっと端っこに見える感じで、ヴェネチア色が思ったよりも少なかった。

それでも、いいの。景色より、ミラコスタであることに意味があるんだから。
うれしいの!すんごく!

しばらく部屋でゴロゴロしながら、時々窓からシーを見て、シーに泊まっている事を実感しつつ、にやにや(笑)

そろそろお腹がすいてきてる。
今日のディナーは、ミラコスタのシルクロード・ガーデンを予約しているので、またにやにやした(笑)

雑記

07:45
ハッピー15エントリーで、まず、夫とタロウは、トイ・ストーリー・マニアにそのまま乗った。
私は、トイ・ストーリー・マニアのFPを取るために、FP発券待の列に並んだ。
FPは、一般入場と同じ8時にならないと開始されないので、それまで10分ちょい待ち時間。
最初一列に並んでいた列も、残り3分くらいになると移動して、各FP発券機の前にそれぞれ並ばされる。
私は、5番めに並んだ。

08:00
8時になり、発券がスタートして、3分程度で取得できたFPは、8:45~9:45の回だった。
FPを受け取って、トイ・ストーリー・マニアの出口に行くと、ちょうどタロウ達が出てきた直後だった。

次に、ストーム・ライダーに乗りたい、とのことで、タロウ達は移動。
私は、ビック・バンド・ビートの抽選をしてから追いかけることに。
ビック・バンド・ビートは、一番最後の20:55開始の回の抽選をした。
かなり後ろの方だったけど、当選した。
ディズニーシーに来て、ビック・バンド・ビートが見れなかったら、半分意味がなくなってしまうので、心底ほっとした(笑)

08:30
そして、ストーム・ライダー前で、タロウ達と合流。
全部で6人で見たんだって(笑)すげぇ!(笑)

そこから移動して、ミート・ミッキーに。35分待ちと出ていたけど、結局間に、ミッキーのお着替えをはさんで、順番が来たのは50分後の9時20分頃だった。
撮影後、今回は、台紙つきの写真も注文してみた。

09:30
次に、インディ・ジョーンズのFPを取得。10:35~11:35のFPだった。
今朝とったトイ・ストーリー・マニアの時間が迫っていたので、慌てて移動。
ギリギリ9:45に間に合った。
ここで、私はやっと初めてアトラクションに乗れた。

10:10
だいぶドタバタと移動して疲れてきたので、休憩も兼ねて、ミラコスタにチェックインすることに。
部屋は、ヴェネチア・サイドのダブルルームでトランジットベット付きの部屋。
フロントはガラガラで、すぐにチェックインできた。
念のため、より良いお部屋はないですかと聞いたけれど、本日は現時点でキャンセルが出ておりません、とのことでした。
欲を言えば、ヴェネチア・サイドのトリプルルームにバージョンアップしてみたかった。
まぁ、でもいいか、と。
部屋は最上階の5階と聞いたので、すごいうれしかった。
まだ部屋に入ることはできないけれど、部屋番号は教えてくれて、カードキーもくれた。
入室可能は、16:30からとのこと。

10:35
ひと通り落ち着くと、お腹がペコペコなのに気がつく(笑)
私は、今回に限って、朝ごはん用のおにぎりとか買ってなくて、朝から何も食べてなかった。
ちょっと早いけど、混む前に昼ごはん食べちゃおうと、レストラン櫻に。

レストラン櫻は、倉庫を改装したという設定なので、内装がとてもおもしろい。
おトイレも倉庫っぽくなっていて、すごい面白かった。
こういう改装した内装って、sims3っぽくてすごく楽しい。見てるだけで楽しい。

11:20
ゆっくり食べ終わってみると、すでに櫻の中は満員で、外にも並んでる。
タイミングよかったなーと、満腹で満足。

11:35
インディ・ジョーンズのFP時間が迫っていたので、慌てて移動。
FPの列も割りと並んでいて、進みも遅かった。
もう何度も乗っているのに、タロウが緊張気味(笑)
一箇所、グーンと落ちるところが嫌いだそうです(笑)

12:00
インディ・ジョーンズ終わり。
マジック・ランプ・シアターのFPを取得しに移動。14:45~15:45を取得。
カレーポップコーンを食べたり、マジック・ショップで手品みたり、もうだいぶエンジンが低速に(笑)

12:50
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジにSB15分待ちで入場。
いつも、これに乗ると、眠気がやってきて、一部分眠ってしまうのだけど、今回も一部分眠っていた(笑)
隣のタロウに起こされた(笑)
気がついたら、猿と演奏してるシーンだったよ。

もう、だいぶココらへんで疲れてるよ(笑)
だって、私は起きてからすでに9時間近く経ってるもん。
ずっと動きっぱだし。

もう、これはこなそうっていう予定は全部こなしたから、午後はのんびりすればいいな、と。

それに、今日はすぐそばのミラコスタに泊まるわけだし、なんか、それを思い出すと、疲れててもニヤニヤしちゃう(笑)

雑記

1日目は、ディズニーシー。
ミラコスタ泊の場合、泊まる当日に、ディズニーシーへのハッピー15エントリーが可能になる。
絶対に利用したかった。
並ぶのが遅くなると、結局一般入場と同じタイミングになるとか聞いたので、それは悔しいから絶対いやで。
いつものように、当日は、始発で家を出た。
ディズニーのたびに、始発で家を出るのはもう慣れたので、そろそろ余裕がでてきている。
でも、かばんにディズニー・グッズをつけた人を見かけると、ライバルか!と、ちょっぴり敵意を出してしまう(笑)

いつものように東京駅構内の京葉線までの長い道を歩きながら、余裕のある顔をしても早歩き。
ここまでくれば、周りは敵だらけですよ。明確に敵意を出しても問題ない。

で、京葉線に乗る時は、前から3両目で、後ろから3番目のドアが、ちょうどいい位置。
さらに進行方向左側に座った方がいい。
右側に座ると、直射日光を浴びるので眩しくてつらくなる。

舞浜駅について、シーまでの長い道のりを歩く。
ライバルは10名程度。でも、このうち半分はキャストの方だと思う。
毎年そうだから(笑) 知ってるのよ。オリエンタルランドに入って行くのよ。
そして、今年も予想通り、半分ちょっとの人たちは、オリエンタルランドに入っていった。

ミラコスタのハッピー15エントリーは、ノースゲート、向かって一番右端の入り口が、専用入場口になってる。
ノースゲートに並ぶには、ミラコスタの正面玄関の脇にある小さな階段を降りるか、通常口から入って右に行くかになる。

この日は、シーのいつもの入り口につくと、すでに門が開いている。
この門が開いていなければ、通りすぎて、ミラコスタの正面まで行って、ノースゲートに降りる階段前で、待つつもりだった。
でも、ここの入り口が開いているということは、ノースゲートに降りる階段も、開放されているっていう事。
なので、シーのいつもの入り口から入り、右端ノースゲートに向かう。
ノースゲート前には、一列で、20組くらいがもう並んでた。
私も急いで並ぶ。この時時間は、午前5時40分。

この時点で並んでいる人のほとんどが、すでにミラコスタに泊まっている人だった。
家族代表のお父さんが、寒そうにまるまって待っていた(笑)
家族の代表が待っているだけ、と考えると、この時点で、私の順番は、80人目くらいって考えるといいのかな、と。

午前6時をすぎると、ミラコスタから、バタバタと走ってやってくる宿泊組がどんどん増えていく。
ノースゲートに並んでいるのは、一列なので、他の入場口よりもだいぶ長い列にはなっているけれど、
通常入場者よりも、ずっと少ない。

午前6時30分、ミラコスタホテルの人が、手にバインダーを持って、ノースゲート前に並んでいる人の宿泊確認を始めた。
宿泊中の人は、カードキーを見せたり、ルームナンバーを言ったり。
当日宿泊の人は、予約完了メールのプリントアウトを見せたり、名前だけでも確認取れるらしい。
私は、メールのプリントアウトを見せた。
この時点で、ホテルに荷物を預けられる時間ではあったけど、夫とタロウがまだ来ていないので、まだ預けてない。
私の順番の宿泊確認が終わった直後、夫から電話で、ミラコスタの正面玄関にいるけどどこに行ったらいいのかと。
言ったじゃん!正面玄関までいかずに、手前にある小さな下り階段を探せって!
何度も写真も見せたのに!
タロウの声で、「とうちゃん、あの階段だって、俺ゆってるじゃん!」って聞こえた(笑)
で、タロウに先導してもらい、ノースゲート前で落ち合ったのは、午前6時55分頃。
この時、列はまだ一列。
だいぶ長く伸びていた。

落ち合ってすぐ、午前7時に、列がゲート直前に移動。
この時、1組で一列だったのが、10人くらいで一列に切り替わる。
ゲート直前に移動した時、家族と合流済の人がほとんどだったので、だいぶ人数も増えていた。
私達は5列目ぐらいになった。
タロウが、健保チケットの引き換えに並んでくれて、私がその間に荷物をホテルに預けた。
役に立たない夫は、ただの場所取りに(笑)
今回、タロウの活躍が目立ったわ。使える子になったもんだ0pp_02.gif

午前7時30分、ノースゲートのシャッターが上がった。
ノースゲート前
こっちだけ開いてしまって、なんか申し訳ない。
でも、すごくうれしい。ほんとにうれしい!

そして予定通り、15分前の午前7時45分に、ディズニーシーに入園した。
ハッピー15エントリーでの入場時の様子。

ハッピー15エントリー
当たり前だけど、通常入場よりも断然人が少ないので、なんか余裕が出る。

で、こうして、私達は念願のシーへのハッピー15エントリーで何を乗りに行ったかと言ったら、そらやっぱり、いまだに一番人気のトイ・ストーリー・マニアですよね(笑)

雑記

いや、もう、1年がかり。正確には1年2ヵ月がかりの地道な血の滲むような貯金で、ようやくこぎつけた夢のホテルミラコスタ泊ですよ。
健保の期間限定格安パスポートを、2日分ゲットして、1日目ディズニーシー、2日目ディズニーランドの計画です。
この計画の何が大変って、ミラコスタの予約が一番大変!!
だって、取れないんだもん!0pp_10.gif
なんでミラコスタってこんなに予約取れないの。もうびっくりっすよ。

夫が携帯、私がPCと携帯、タロウが家電から、と合計4デバイス使って予約を試みるも、全滅(笑)
最初は、予約の腕試し(?)っつー事で、本命じゃない日で、何回かトライしたんだけど、全然だめ!
特に電話なんて、すぐつながっても、全然ダメ。絶対とれない。
それでもアンバサダーは毎回とれてたな。
いろいろ試して、PCからの予約が一番取れる確率が高かった。
私が、やった方法は、8時45分くらいから予約画面にIDでログインしておいて、日程のカレンダーを表示させておくの。
で、ホテルはミラコスタを選択しておく。ルームタイプが決まってれば、それも選択しておく。
私は、一番人気がないトスカーナ・サイドを選択しておいたよ。
予約できる状況を確認してから、ルームタイプを決めようとすると、その数秒間で、先に取られてしまうから
ルームタイプは、絶対先に絞り込んできめておいた方がいい。
そんで、9時ちょい前くらいから、そのカレンダーで何度も前月と今月の移動を繰り返して、お目当ての日が有効になるのを待つ。

有効になった途端、怒涛の早業で目的の部屋を予約!迷ったり、戸惑ったりする数秒が運命の分かれ目だから、とにかく、取る!とっても安心せず、一気にカード入力まで進む!
この方法にしてから、ミラコスタの予約は、なんとか取れるようになった。

ミラコスタをPCで予約するなら、絶対、本命前の日までに、慣れるように何度か試してみた方がいいと思う。

それでも、この方法に辿り着くまでに時間がかかりすぎて、本命の日程は、アンバサダーしか取れなかったんだよね。
アンバサダーでもいいかなぁ、と思ったけど、ディズニーシーに行くたびに憧れていたミラコスタにどうしても泊まりたくて、毎日毎日キャンセル待ちをチェックしてた。
キャンセル待ちも結局タイミングだから、毎日見てても、取れるもんでもないんだけど、それでも、諦めきれなかった。
で、本命の日程のちょうど40日前、この日は、なんか予感がして、いつもより高い頻度でチェックしてたんだよね。
そして、13時ちょっとを過ぎた時、5分前には、全然なかった予約可能ルームが、突然現れたのよ!
ヴェネツィア・サイド!
もう、手が震えた!!ひーとかいいながら、必死に予約!カード情報入力!ずっと、ひーーって言ってた(笑)
予約が完了して、えーーー??ほんとにとれた?って思って、何度も情報確認して、夫に連絡。
すんごいうれしかった。
トスカーナ・サイドが一番人気ないから、トスカーナでいいと思ってたから、眺めが期待できるヴェネツィア・サイドなんて、夢のまた夢だと思ってたもん!

私が、ミラコスタの予約がとれて、どれだけうれしかったかというと、宿泊前に、わざわざ下見に行っちゃうくらいうれしかったのです(笑)
いや、ハッピー15エントリーするつもりだったから、その時、どこで待っていればいいのか、電話で聞いただけじゃ、よくわからなかったんだよ。
だから、当日、円滑にハッピー15エントリー入場するために、いろいろ聞きに行ったのですよ。

で、休日出勤の代休で、お休みになった平日のある日に、私は一人でミラコスタまで行ったのです。
舞浜ついて、お小遣い節約で、シーまで歩いた(笑)
ミラコスタには、正面から入った。
早朝、シーに並ぶときの入り口のもっとずっと先まで歩くのは、周りに誰もいなかったけど、なんでだか、妙に誇らしかった(笑)
写真でしか見たことないミラコスタ正面の噴水をみた時、うれしさのあまり半泣き(笑)
半泣き笑顔のまま、ミラコスタの正面から入場。
3方向から、様々なタイプの従業員が近寄ってくる(笑)
にやにや笑顔で、半泣きで、歩きつかれてハァハァ言ってる私は不審者すぎたかも(笑)
従業員同士が目配せして、その中の一人が、笑顔で私に近づいてきた(笑)
やっと予約がとれてうれしくてしょうがない事(笑)、いてもたってもいられずに下見にきた事(笑)など、
とても優しい笑顔で聞いていただきました(笑)
で、ハッピー15エントリーの入り方も教えてもらって、納得できて、もう用事は済んだんだけど、去りがたく(笑)
意外と狭いロビーを何周もして(笑)、ミラコスタを出た。

ほいで、後からくる夫のために、リゾートラインを降りてから、ハッピー15エントリー用の入場口までの道順を、デジカメに収める。
進行方向一番前に乗って、ディズニーシーで降りると、ミラコスタ宿泊者専用の出口があるので、そこから出てもらう。
そのまま通路を進んで、ミラコスタの正面玄関が見てきたら、右手に注意してもらい、下に下がる階段をみつけたら、降りろ、と。
結構細かく写真をとっておいた。
でも、夫は、こういうの本当にダメだから、役に立たなかった(笑)
その代わり、タロウに説明しておいたから、タロウがちゃんとやってくれた。
タロウは、とても使える子です(笑)

ミラコスタに用がなくなってしまった私は、この後、リゾートラインで3周してから帰りましたよ(笑)