2009年 ディズニーランド、インパ記録 その1「周りは全部ライバル」

年に一度のディズニーランド、2回目です。
あと2~3年はやれそうに思う。小学校5~6年になったら無理かなぁ。
友達と一緒にいっちゃうかもしんないなぁ。

んで、タロウにとって、2度目のディズニーランド。
去年のランドの事はまだ結構細かく覚えてて、「ピーター・パンみたい!モンスターズ・インクのも乗る!バズのも乗る!あとグーフィーの部屋にもはいる!」と色々言ってくれます。

そしで、今回の最大の課題は、4/15にオープンした新アトラクションの「モンスターズ・インク “ライド&ゴーシーク!”」のファストパスを取ることです。
調べた所、モンスターズ・インクのファストパスは、開園30分~60分くらいで終了してしまい、スタンドバイは200分待ちとからしいです。
なので、とにかくなんとかして、モンスターズ・インクのファストパスを取らないといけないのです。

そして、去年と同じく、4:25分の始発に乗って舞浜へ向かう事にしました。

続きを読む

タロウ、独り寝はじめました。

今週の日曜日、タロウは、とうとう6歳になりました。
生まれてからずっと添い寝だったタロウも、いよいよ自立の時です(笑)

誕生日の翌日から独り寝にするよと伝えてあるので、当日は朝からそわそわなタロウでした。
「タロウ、泣いちゃうと思うなぁ」
「おかぁちゃん、最初はご本は読んでくれるんでしょ?」
「何時まで一緒にいてくれるの?」

など、不安がってる様子満載で、しかも時々こっそりお気に入りの毛布をぎゅうっと抱きしめていたりと(笑)、正直可愛くってしょうがなかったんですけど(笑)

夜になり、タロウの部屋に布団をしいてあげて、ふわふわなシーツを一緒にセットすると、なんかちょっとワクワクしてきたらしく
「なんか、楽しみになってきた」
「タロウ、泣かないかもしんないな」

とか言いだし、表情も少し明るくなってきました。
んで、唐突に私につつつっと近寄ってくると、くっと私を見上げて、ちょっと泣きそうに顔をゆがませながら
「おかぁちゃん、いままでずっとタロウといっしょにねてくれて、ありがとう」
と言いました。
かぁちゃん、号泣(笑)
そら泣くわ、こんな事言われちゃ(笑)
つか、なんでそんな事言うのよ0pp_06.gif あんまり感動させんなよ。驚いたよ。

そんで、いよいよ独り寝開始。
約束の本を読んであげて、読み終わったら、「じゃあ、おやすみ」といって部屋を出ようとしたら、もう、タロウ、号泣(笑)
おんおん声をあげて号泣(笑)
私は、心を鬼にして、部屋を出ましたよ(笑)
でも、号泣止まず(笑)
呼んでるわけじゃないけど、「おかぁちゃん、おかぁちゃん、おかぁちゃああああんんん、おおおおん、おおおん!!kk80.gifと、号泣の声が響き渡る(笑)
ちきしょう。かわいいな、タロウは!!思い出すだけで泣けてくる。
心を鬼にしてる最中なので、タロウの部屋には戻らず、我慢する私。
ぴたっと泣き声が止んだと思ったら、タロウの部屋のとびらがばーん!と開いて、涙こぼしながら、タロウが走り出て、私の部屋のベッドにダイビング(笑)
しょうがないので、今日だけ寝るまでずっと一緒にいる約束をして、タロウの部屋に一緒に戻った。
タロウは、まだ涙をぽろぽろこぼしながら、ひくひくしゃくりあげながら、私の手を両手でぎゅっとにぎりしめて
「おかぁちゃん、ごめんね。今日だけ、タロウがねるまで、ずっと手つないでててね。」
「今日だけね。手つないでてね。お願いね。お約束ね。」
私も釣られて泣かないよう、必死でふんばり、にっこり笑って「いいよ」と言うので精一杯(笑)
で、しゃくりあげなから、タロウが眠ったのはそれから15分後でした。

そして、私は超ひさしぶりに一人でベッドを占領して眠ることができた。

でも、それも明け方まで(笑)
午前5時頃目を覚ましたタロウは、私の部屋に飛び込んでくると
「おかぁちゃん、昨日おやくそくしたよね。タロウがはやくめをさましたときはいっしょにいてくれるってkk76.gif
と、寝起きながら半泣きで私のベッドにあがりこんできた(笑)
私も眠かったし、また部屋にもどして寝かしつけるのも面倒だったので、まぁ、いいや、とそのまま朝までの2時間は一緒に眠りました(笑)

こんな感じで、昨晩からタロウの独り寝がスタートしました。
今日はどうかな。もうちょっと早く眠れるといいけどな。

年長さんになっちゃったよ

とうとう年長さんになっちゃった。
なんか、めちゃくちゃ自覚が芽生えたらしく、急に男らしくなったタロウ(笑)
横断歩道では、かぁちゃんを守るようにしなが、手をびっと挙げて渡っています(笑)
朝も早く起きるようになったし、おしゃれもするようになりました(笑)

あと1年で小学生かぁ~。。

小学生になれるのかなー。

だって、まだタロウったら、ズボンおろさないと用が足せないし(笑)
つまり、パンツからひっぱりだしてが、できないのです(笑)

おならも、平気でどこででもしちゃうし、自己申告するし(笑)

つか、下の心配ばかりだ(笑)

タロウの七五三

こないだタロウの七五三をやりました。
ここまで来たかと感無量。。。というワケにはいかず、バタバタと空回りした感のある七五三になってしまいました(笑)

夫側のご両親がちょっと遠い為、前日からうちに泊まってもらったのですが、そのお泊まり用に大掃除が大変で(笑)
夕食は、松茸ご飯!と奮発し、なべを用意したのですが、なべの出汁を気合いいれて作った為、とてもご好評をいただき、私的には、明日の七五三に向けて、良いすべり出しだと思ったのです。
そして翌日、七五三をやる神社で、私の両親と合流し、タロウが着物に着替えて写真撮影する為の写真館に移動したのですが、ここが結構遠くて。
足の悪い義父さんに負担をかけてしまい、その事を私の両親に指摘されて責められてしまい・・・その感、夫とタロウは写真撮影の予約時間があるので、先に行ってしまい。
義父さんを気遣って写真館に向かう間、ずっと肩身の狭い、つーか、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
そして写真館について、タロウの立派な着物姿に涙こぼした後、私達3人で撮影、次におじじおばばを加えての撮影。
という時になって、父の靴がぼろぼろに壊れているのが判明(笑)
なんかもう何年もはいていない靴だったので、靴底のゴム部分がぼろぼろに崩れてしまい、歩くたびに、黒いゴムがごろごろ取れてくるという壮絶な状態でした(笑)
そんな父に、恥をかかせてしまうのは申し訳ないので、早いとこ撮影をきりあげて、靴を買える場所を案内しなければ!とひとりあせりだし(笑)、神社に到着して、ご祈祷終わってからは、早く義父さん達を座らせて楽にしてあげなければ、とあせって、早く神社を出たおかげで、ほとんど写真が撮れなかったり(笑)、食事に設定した所では、けちんぼの夫が一番安いコースをずっと主張しつづけるので、肩身の狭い思いをしたり(笑)、義母さんが、結構あからさまにうちの両親に食事代を出させようとする空気を作ったり(笑)、なんだかなぁ、と(笑)

そういうワケで、正直、良い七五三ができませんでした。
途中で気づいたんですよ。
私があせっているのは、「義父さんとうちの両親をゆっくりさせる事」が目的になっていて、本来の目的である「タロウの七五三」を忘れている、と(笑)
でも、もう、どうにもなんなくて。
とにかく、義父さんを疲れさせちゃいけない、お父さんに恥かかせちゃいけない、とにかくこの場を離れてゆっくりできるところに移動しないと、と。
それ、七五三じゃないんじゃんねぇ(笑)
全然、だめだめですよ。自分。

でも、タロウが着物を着て、立派な姿がみれたのでよいです。
そして、タロウが「おかぁちゃんは、とってもいい匂いで、とっても可愛い!」と言ってくれたので、よいです。
「でもおかぁちゃんふとっちょだからねぇ」と私が言うと、半泣きになって目に涙をためながら「おかぁちゃんは、ぜんぜんふとっちょじゃないよ!かわいいよ!!!」と必死でいうのが、またなんか逆の意味で、泣きそうになりますね(笑)
つか泣いたけど(笑)

日本脳炎の予防接種

なんか、今年は猛暑だから、日本脳炎がきそうだと、いろいろな所から情報が入ってきまして。
タロウ、やってなかったので、こないだ行ってきました。

正直に、注射しにいくよ、と言うと、そらやっぱり怖がっちゃうので、恐い病気が流行りそうだから、その病気にかからないように先にお薬もらっておこうね、とか言って。

タロウは、結構普通に納得して、何事もなく病院にいったのですが、名前を呼ばれた途端、突然勘が働いたのか 「おかぁちゃん、ちゅうしゃ?ちゅうしゃするの?」 と言い出しました(笑)
「さぁ、どうかなぁ。」とかとぼけながら診察室に入ると、もう用意されてるワケです。注射セットが。
タロウ、めちゃめちゃ強ばってましたが、逃げたり暴れたりすることなく、おとなしく看護婦さんに抱え込まれました。
それでもやっぱり注射が刺さった瞬間は、「びぃいい!!いたいいぃいい~」と泣き出したワケです。
涙も、ポロリと落ちちゃうのです。
注射が終わった途端、かぁちゃんに抱きつこうとしたのですが、私はそれを押しとどめて
「どぉれ。注射が平気だった強くてかっこいい男の子のお顔見せて」と言いました。
タロウは、私に伸ばしかけた両手を降ろして、口をへの字に曲げて、必死にこらえました。
そして、顔をあげて、私を見ました。
その目には涙が光っていたし、口角が思い切り下がっていたけれど、私は、「うわぁ、かっこいーなー!!強いヒーローのお顔だなーー!!」と褒めちぎりました。
タロウは、ぐっとこらえて、「いたくなかったよ」と言いました(笑)
さらに、「おめめについてるのは、よだれが上にあがったから。」と涙を否定(笑)
タロウの強がりが、可愛いくってしょーがないよー!