寝ぼけタロウ

朝、タロウを起こしたら、まだむにゅむにゅしながら、「おかあちゃん、忍者みかけた?」って聞いてきた(笑)

「見かけてないよ(笑)」と答えると

「手がかり、な し、か・・・」と言って、またパタンと寝た(笑)

面白い(笑)

東京都児童館 閉館だと!

ぐわーん!すごい悲しいよ!
タロウが3歳になった事から、ずーーーーっと通ってた渋谷の東京都児童館が閉館決定だと!
震災後、ずっと休館だったけど、再開を信じてずっと待ってたのに!

すごく楽しかったのになぁ。
夏休みに行くと、地下でものすごい手作り感のある学園祭みたいなお化け屋敷やってて、タロウと二人で入って楽しかったなぁ。
お正月明けくらいに行った時は、職員さんがすくないので、テーブルサッカー大会とか、フットサル大会とか普段と違って、子供同士で対決するコーナーが沢山できてて、楽しかった。
テーブルサッカーにおそるおそる参加したタロウが、結構熱くなって、親指を切ったりもした(笑)
アスレチックコーナーでぐるぐる走り回ったり、滑り台で何度も滑ったり、ぬいぐるみ箱に入って埋まってみたり(笑)、おままごとコーナーで一生懸命もてなしてくれたり(笑)、あこがれだったブリオの電車セットを一生懸命組み立てたりさぁ。
ほんとに沢山遊んだ。
食堂には、おばちゃんの手作りのまるくて大きなおにぎりがあって、鮭がすごく美味しかった。
工作室ではいろんな物作ったり、塗り絵もやった。
小学校に上がって、やっと木工教室に入れるようになった時は喜んでたなぁ。
ハロウィンの時期には仮装できるコーナーがあって、マントと帽子かぶってはしゃいでた。
あ、いかん。涙でてきた。
音楽室じゃあ、ピアノとドラムセットがお気に入りで、順番待ちの争いがあって(笑)、タロウはいつも負けていた(笑)
図書室では、お気に入りの電車の雑誌をいつまでも何回もみてた。可愛かった。
屋上に何度もかよって、やっとローラースケートがそこそこできるようになったし。
併設の劇場では、マジックショーや歌のショー、クラシック演奏なんかも聴いた。
うわぁ。すごい何度も行ってた(笑)
思い返すに、本当に東京都児童館にはお世話になってた!
とても楽しい場所だったのに!

やっぱり無くなるなんてやだ!kk80.gif

杉並の交通公園

タロウと二人でバスに乗って、杉並区にある児童交通公園に行ってみた。
バス停から5分くらい歩いて到着。
タロウは、早速ゴーカートに乗った。

交通公園は、私の実家にもあって、小さい頃から何度も行ってるので、だいたいわかってる。
でも、実家の交通公園は、ものすごく混むので有名で、あんまりのびのびできなかったりする。

今回行った杉並の児童公園は、日曜日だっていうのに、意外に人が少なくて、割と伸び伸び走れたり、公園の中央には大きな噴水もあるし、大きな木が沢山あるので、木陰が多く涼しいし、ものすっごい過ごしやすかった。
しかも、大人にも自転車を貸してくれるので、子供と一緒に走れるし、すぐ側にある川沿いのサイクリングコースにそのまま出る事も可能で、すごい楽しかった。
タロウと一緒に涼しい川沿いを走って、私はとても楽しかったんだよ。
公園は、自販機くらいしかないから、お菓子とか飲み物は最初から用意しておいた方がいいみたい。
タロウが、本当に楽しそうに、ゴーカートを何度も何度も乗っているのを見るのがうれしかったなぁ。
本当は、学校のお友達も連れてきたかったんだけど、都合が悪くて、ダメだった。
今度、友達も一緒に連れてきてあげられるといいなぁ。
そしたら、タロウは、もっともっと喜ぶだろうなぁ。

タロウの怒り泣き

8歳になったタロウ。
相変わらず甘えん坊で、かぁちゃん、かぁちゃんうるさいけど、意外に紳士な一面をみせたり、成長してるんだなーとか思ってたけど、やっぱりまだ甘えん坊だった(笑)
タロウは6歳になってから、ずっと一人で自分の部屋で寝てるんだけど、寝る前には必ず私がタロウに布団をかけてあげるという儀式があって(笑)
昨日、タロウが寝る時に私に向かって「ほらほら、なにしてるの。俺ねるんだよ。当然くるでしょー!」とか言って、布団をかけにこいと言ってるのね。
ちょっと私は別の用事をしていたので、ちょっとまってーとか言ったら、今までになく激しく怒り出して、「じゃー、もういい!!」と怒鳴って部屋に入ってしまったのね。
んで、用事が終わった私が、「おわったよー」っつって、タロウの部屋に言ったらば、「こっちくんな!!!」ってすごい顔で叫んだの。
涙目で。
なんか、たまたまそういう不機嫌スイッチ入っちゃったんだなぁ、と。
タロウは、うーうー言いながら泣いて布団に突っ伏してて。
ちょっと落ち着かないとダメだな、って思ったんで、少し一人にさせて、5分くらいしてから、様子見にいった。
まだぐすぐす泣いてたけど、怒ってはいない、というか逆に自己嫌悪に陥っているようで、私に謝りたいけど、なかなか謝れないって感じ。
とりあえず、いつも通りに布団をかけてあげて、上からぎゅっと抱きしめて、「おやすみちゃん」と、いつもの挨拶。
タロウも、「おやすみ」とちゃんと返事してくれた。
怒り泣きなんて久しぶりだなーと思いつつ、私はそんなに気にしてなかった。
んで、朝、起きてくるなり私に抱きついて、「おかあちゃん、昨日ごめんね。ケンカしちゃって。」って。
うひひ。可愛い。
私もぎゅっと抱きしめ返して、「ううん。かぁちゃんもごめんね。」とゆー感じの仲直り。
ちっきしょ。まだまだめちゃくちゃ可愛いな!

うちの紳士

タロウが学校で女子に告白された。
それも、クラス一の美少女に。
確か、去年、小学1年生だった時は、前の席に座ってる女子と話すのが面白くて、タロウから告白したそうだ。
反応は微妙で、「えっ!あ、そーなんだぁ」って感じだったらしい。
その後なにもなく、微妙にふられたカタチで終了したっぽい。

そして、2年生になって告白されて、にやにやしながら母は聞いた。
「明日っからどうすんの、その子と。」
母としては、恥ずかしいよ、とか、別に、とか、そんな照れてる様子を見たかったんだけど、タロウはこういった。
「どうって。やさしくするよ。だって、すきっていうのはゆうきがいることだから。」
だと。
なんか、びっくりしちゃって、「あ、そうか。へー・・・・・。」って感じのリアクションになっちゃったよ(笑)

なんだよ、もう・・・。紳士じゃん。。。