不妊治療

りえぞうさんから頂いたコメントへのお返事にかぶりますが。
私は、可愛いタロウが一人っ子なのが可哀相で、なんとか二人目をと思っていたのですが、年末に流産し、その後5回挑戦した不妊治療でも結果が出ず。
もう私の身体的に限界と判断し、不妊治療から完全に足を洗う事になりました。

これについては、現実を見ようとしない夫と殴り合い寸前の喧嘩に発展し(笑)、夜中の1時だというのに、近所中に響き渡る大声で怒鳴り合ったりと(笑)、そらーもー、この勢いでまた家出してしまおうと思う程にやり合ったのですが(笑)
意外にも夫が折れまして(笑)
今月に入ってから、完全に不妊治療を止めました。
つまり、二人目を完璧にあきらめました。

正直、まだ未練はありありですよ。
可愛いタロウの成長する姿を見るたびに、この子に弟がいたらどんなお兄さんになるかなぁ、とか思うし。
夫なんて私より10歳も年上だから、もう51なんすよ(笑)
タロウが成長する頃は、70っすよ(笑)
結構タロウの負担になると思うのね。私も含め。
だから、そんなタロウに兄弟がいれば、支え合える兄弟がいれば、なんぼか楽なんじゃないかとか考えるとね。
やっぱり、お兄さんにしてあげたいとか、本当に思うんだけど。

でも、年末の流産は、私的に結構ショックで。その後の治療では、毎回排卵誘発剤を飲んで、卵子の成長を応援していたんだけど、思っていた程には成長の度合いは良くなくてさ。
私の身体の限界を自覚しなくちゃならなくなったのですよ。

卵子というのは、産まれた時から数が決まっていて、男性の精子のように、日々生産されているものじゃないです。
月に1回だけ、たくさんある卵子の中から1個だけが、大きく成長するわけです。
そして、卵子も年を取る。年を取った卵子は、成長が遅いし、成長が継続しないし、着床する力が足りなかったり。
上手く着床したとしても、年末の私のように、成長しきれず流産になるか・・・・障害を持って生まれる可能性が高い。
私、生理開始がすごく早かったんですよ。小学校2年生の時でした。
だから、多分卵子の老化も人より早く進行していると思う。
41歳が妊娠難しいのは、当たり前なのだけど、それでもやっぱり、ジャガー横田さんの例もあるし、40歳になっても妊娠は充分可能性あると思う。
りえぞうさんはがんばって欲しいと思います。
ほんとに。

もう、私の身体で子供を産むことについて、障害を持って生まれるという可能性を無視して、妊娠を望むわけにはいかないのです。
もう丸2年も不妊治療して、妊娠が成功しなくて、やっと妊娠したかと思ったら、心拍確認できずに、ソウハ流産。
もう、私の身体が無理だ、と言っているとしか思えないっつーか。
それを覚悟しても産めるのか。
産んだ後、育てられるのか。タロウも含めて。
私にお金をくれない夫。私が働かないワケにはいかない。
そんな事を考えると、今の生活を精一杯がんばる方が大事なんじゃないか、と。

年末の流産がなければ、私もここまでネガティブには考えなかったと思うけども。
つか、私にとっては、これはネガティブな思考なのではなく、ちゃんと現実的に考えた結果。
私は、もう無理だと思うよ。

なんつーか。うん。戦線離脱。
自分に負けました。

不妊治療

去年12月にけいりゅう流産して、色々考える事はあったけれども、結局不妊治療を再開する事にした。

ただ、今までのように「とにかく妊娠できさえすれば大丈夫」なんてお気楽な考えは捨てたので、期限付きで。
あと3回だけ、4月いっぱい迄という事で。

んで、先日、いつもの不妊治療院に行って、排卵チェックと精子注入+グリーンゼリー。

正直、4月までの不妊治療は、諦める為にやるような意味合いが強い。

流産を経験しちゃうと、ほんと怖くなる。まだ若いウチならいいけれど、40歳すぎての流産は、ダメ出しみたいなもんだし。
もう無理だよって宣告されたのと同意だよな。

そんでも、やっぱりまだ私の中には、タロウの兄弟を諦めきれない、諦めたくない気持ちが残っていて。
それを消化する為の時間として、4月いっぱいまで、不妊治療を続ける事にした。

これでもし妊娠ができたとしても、きっとタロウの時ほど無邪気に喜べない。
心拍確認できたとしても、まだ無邪気に喜べない。
羊水検査できるまでに育って、その検査で異常がないとわかってはじめて喜べると思う。
異常があった場合も受け入れる覚悟で臨めるのが、あと3回分。
なんか意味通ってないけど、とにかく、私の覚悟が持続できる期間にも制限があって。
もう以前ほど強い覚悟ではいられない条件が、沢山、目の前にそろってしまった、という事。

どうなるかはわからないけれど。

不妊治療

先月流産した事で、思い知った事がある。

極端に言ってみると。
私は、もう、年寄りだという事。
子供をみごもれない程に、女として老いている、という事。

自分的に、そこまで自虐的に認識しているワケではないけれど、気分的にこれくらいきつい言葉で自分を虐めたくなるまでの落ち込み具合ってコトです。

こないだみた「はじめてのおつかい」。毎年楽しみに見てるんだけどさ。
今回の放送で、3人のお子さんを死産・流産された5人の子持ちのお母さんがでててさ。
5人も子供産める人でも、死産・流産はあり得るんだ、というのが、あらためてショックだったのです。

妊娠を継続できなかった自分の身体にすっかり自信がなくなってしまったし、
このまま不妊治療を続けて、また、妊娠できたとして、健康な子供として産めるのかどうかも
自信がなくなってしまった。

正直、今までは非常に楽観的に、妊娠さえできれば健康な子が産める、なんて考えていたけれど。
そりゃ、高齢出産のリスクについては知っていたけれど、確率論だと思っていた部分もあって、
真剣に考えてはいなかった。
でも、やっぱり、無視できない問題だったのだな、と。
当たり前だけどさ。

責任を負えない状態で子供を産める状況ではないのだと、改めて思い知らされた。

ただ、でも。やっぱりまだ。
ふっきれない部分はあって。
タロウを見ていると、彼に弟か妹ができる事で成長できる部分や、補える部分や
両親が年老いた時の負担やら。
一人では可哀想だって思いが捨てきれない。

私には妹がいて、彼女がどう思っていようとも、私は自分と彼女の関係は、非常に良好だと思ってる。
私が、姉として彼女を助ける事もあるけれど、正直、私的には、妹に助けられている方が多いと思ってる。
やっぱり家族だから、友人達とはまったく別格になるワケだし。
友人達は、いつかは離れていくけれど、家族は一生一緒だし。
妹がいるってだけで救われている部分が非常に大きい。

だから、タロウにも兄弟を持ってほしいと思った。
彼の支えにもなるだろうし、彼が支える事もできるだろうし。
あと、兄弟の姿をみて、私が安心したい、という気持ちもある。

夫の弟さん夫婦のお子さんが兄弟なのだけど、とても仲が良く、
一番身近なライバルであり同志であり友人だっていう関係を見るのは
とても安心する

自分がいなくなっても、この子には、まだ兄弟がいる、ってのは
結構やっぱり、ほっとできる。

私は、子供を産んで、自分の死に対する恐怖感が変わったと思う。
怖くなくなった、というワケじゃなくて、覚悟の問題。
私がいなくなっても、この子が世界に残るのなら、それでいい。って感じ。
二人残ってくれたなら、もっと安心できるな、と思う。
まだ、私には未練が残っているので、ダメもとで。
失敗するのを前提として、あと3回だけ、AIHやってみようと思う。
3回やったら、諦める。ちょうど不妊治療はじめて2年経った事になるし。

3回という回数が、私の未練の度合いを示してて、潔くないね(笑)
未練たらたらだ(笑)

高齢妊婦→流産

処置後、そのまま家に帰ったワケだけど。

麻酔がまだプワプワと残ってて、身体が重いうえに、やっぱり下腹が痛くて、とても歩きにくかった。

家に帰った頃には、もうタロウを迎えに行く時間だったので、よろよろとタロウを迎えに行ったけど。
帰り道、タロウが、「おかぁちゃん、だいじょうぶ?おうちについたら、タロウが、ぎゅうってなかよし5回くらいしてあげるね。」と、ものすごく優しい言葉をかけてくれて、号泣。
うえうえ泣きながら歩いた(笑)

翌日はだいぶからだも楽になったけど、生理痛な感じの痛みはまだ少し残ってた。

さて、これからどうしよう。

一番の理解者だと思っていた妹からも、いらないと言われてしまった2番目の子。
経済的には確かに苦しい。苦しすぎる現実なんだけど。
なんとかなる、なんて思えないのが現状だし。
でも、狂おしいほど新生児が抱きたいのも本心。

ただ、今回の事で、自分の身体に自信がなくなったしまったのも、また本心。
実際、40歳だし。
年齢的には、もうアウトだよなぁ・・。

もし妊娠できたとして、健康な子である自信もなくなっちゃったよ。
もし、なんらかの障害を負って産まれてしまったら、私は仕事ができなくなるし
そしたら、タロウを育て上げる事さえ、無理になっちゃうし。

一応、2月になれば、不妊治療を再開できるらしいのだけど。
夫は、そのつもりだけど。
まぁ、ヤツは何も本気で考えてないから。
私の身体がどうなるか、なんてのもちっとも考えてないはず。

あきらめ時なのかなぁ。。
でも。ちっちゃい子。また、抱きたい。

高齢妊婦→流産

昨日、8週目ですが、検診した所、前回と変わらず胎嚢も成長しておらず
胎芽の確認もできなかったので、稽留流産の手術をしました。

検診後、子宮の入り口を膨らませる為の棒を挿入。 軽く痛かったです。
その後、2時間安静。棒が膨らむのを待つ為です。

2時間後、手術台に。
なんか、事務所のすぐ後ろ、みたいな感じの所で、人通りもあるし、衛生的に不安な気分になりました。
静脈確保の点滴。
確保の確認は数分で終了。確認後、「いたみ止めの薬をいれます。これが入ってくると、腕から
喉にかけてピリピリ痛くなるけど、ちょっと我慢してね。」と言われます。
その薬に変えられたら、途端に本当にピリピリと痛みがきました。
「いててててっ」とか声が出ちゃいました。
腕から喉にかけて上がってきて、両方の肺の中にすーーーっと入っていくのを感じました。
「血管、つながってるなー」と当たり前の事を感じました。

その薬が身体中に回るのも数分で終了。
ここら辺でなんかもう、気分がくらくらしてました。
自分でも、まばたき増えたな、と感じました。

その後、すぐに麻酔投入。
薬が入ってくる時に、前回同様痛みを感じましたが、前回ほどじゃないので、平気。
急にからだが冷えてくる感じがして、鼻に酸素チューブがつけられて、部屋の照明が落とされて
「なんか、ものすごい孤独感。」とか考えてると、意識が切れました。

名前を呼ばれて気づいた時は、全部終わった後でした。
ちゃんとパンツもはかせてくれた後でした(笑)

私は、お酒を全然飲まないので、麻酔の効きがものすごくまわっちゃった見たいで、
麻酔が切れるのにものすごく時間がかかって、その後3時間くらい寝てました。

朝9時に病院に入って、出たのは、午後3時半すぎ、でした。

かかった代金は、11000円でした。
普段の治療より安かった(笑)