2年生最後の学校公開日

学校公開日は、しんどい。
ずっと教室のうしろで立ちっぱなしで、子ども達の授業みてなくちゃいけないし、終わったら保護者会とかあるし。
それでもやっぱり、小学校で、可愛いタロウがどんな風にがんばって勉強してるのか見られるのは
すごくうれしいし、たのしいし、1度もかかさず出席しましたよ。
そんな学校公開日。先週、2年生最後という事で、子ども達の発表会でした。
2年生になってがんばった事をそれぞれ発表する、という事で、合奏や合唱、得意な勉強、得意じゃないけど、がんばった勉強、など、いろんな事を発表してくれました。
タロウは、ずっと引っ込み思案な方で、後ろの方に隠れてしまったり、自分から先に声を出すとか手を挙げるとか、そんな事は今までずっとしない子だったんですけど、
2年生の後半になってから、なにかがカッと開眼したらしく(笑)、自分からばんばん手をあげて発表したり、大きな声で意見をいったり、ほんとにびっくりするくらい積極的になりました。

そんなタロウが、発表グループの中で、一番大きな声で、一生懸命歌を歌っているすがたや、
かけ算問題を次々にやってみせるなど、もう、ほんとに号泣ものの発表会でした。

発表会終わったあと、「おかあちゃん、ずっと顔真っ赤で笑ってて、泣いてて、すげえ目立ってた」って怒られました(笑)

ザ・ウォード 監禁病棟

ザ・ウォード 監禁病棟 [DVD]
ザ・ウォード 監禁病棟 [DVD]
  • 発売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2012/03/02
  • 売上ランキング: 1596

クリステン(アンバー・ハード)は、放火の罪で特に異常のある者のみ収容する監禁病棟へと送られる。そこには同じような境遇の少女4人。自分だけは正常だと信じていたクリステンだったが、担当医のカウンセリングを受けた結果、ほとんどの記憶を失っていることに気づく。不安を抱えたまま迎えた夜、クリステンは病棟の廊下を歩くおぞましい顔をした少女の姿を目撃する。この病棟には看護師でもなく、患者でもない何か別の存在がいるー。そして一人ずつ消えていく少女たち。クリステンは必死の思いで病棟から脱出を試みるが、やがて彼女自身想像し得なかった恐ろしいまでの真実に直面する・・・。

お気に入り度:rating_20.gif
続きを読む

おしゃべりな朝

今朝、雨が降っていたので、電車が遅れているといけないと思い、急ぎ足で駅に入った。
結果、予定していた電車よりも1本前に電車に乗れそうだった。
なので、いそいでエスカレーターを駆け上った。
駆け上ってる時、目の前の人がよろけたはずみで、私にぶつかった。
ぶつけられたのは私だったけど、私も急いでいたので、なんか動転してて、「すいません。だいじょうぶですか。」とか言ってしまった。
相手の人は、「いえいえ。こちらこそ。」とかゆー感じで、ぱっと離れて電車に乗った。

ほいで、乗った電車の中をちょっと歩いていると、私が歩いている先に座っていた人が、もっていた傘をバタッと倒して、通路に投げ出してしまった。
私は、「だいじょぶですか。」と、拾ってあげた。

そして、会社の駅に着いた所で、結構混雑していたので、奥に入ってしまっていて、なかなか下りられず、「すいません。下ります!」と言った。
なんか、私の前にいた人が、上手のフタの役割をしていて、絶対通してくれなかったからさ。

そういうワケで、私は、「今朝はだいぶおしゃべりしたな」とか思ったんだよ。

THE ROOM 閉ざされた森

THE ROOM 閉ざされた森 [DVD]
THE ROOM 閉ざされた森 [DVD]
  • 発売元: ビデオメーカー
  • 発売日: 2007/11/02

 

内容紹介
オースティンファンタスティック映画祭にて最優秀賞を含め5部門、SITGESスペイン映画祭にて特別審査員賞を受賞した、本格的シチュエーションスリラー。精神のバランスに破綻をきたした青年の歪んだ愛情の行方…。「僕はただお母さんに褒めてもらいたいだけなんだ」青年はただ純粋過ぎただけ。しかし彼の行動は、徐々にエスカレートしていく。

お気に入り度:rating_50.gif
続きを読む