リメイク版「マーターズ」

ひどい、ひどいと聞いていたから、返って、よかったよ。

残酷描写や、ひりつき具合や、狂気具合は、ほぼ皆無になってたけど(笑)
残ったのが、同性愛的な女子の濃密な愛情(リメイク前のははっきり恋人同士だったけど)だけだったので
そういうレズビアン映画だと思ってみれば、割と面白かった。

でも、アナ無双状態が、ちょっとやり過ぎで、あり得なさすぎたけど。
あれが、あまりにもやり過ぎなので、冷めちゃうね。

でも、やっぱりこれじゃあ、物足りなくて、見終わったあと、オリジナルのマーターズを見ずにはいられない、というのが狙いだったら、まんまと罠にはまった事になるね(笑)

アーロと少年

「アーロと少年」の題名はダメ。
だって「少年」じゃない。
言葉しゃべらないし、基本四つん這いだし、「少年」要素がなく、「野犬」「狼」扱いの描写。
アーロ(恐竜)の見た目も正直可愛くないし、だめだ。
面白いと感じなかった。

実は数年前から

実は、数年前から、年齢を聞かれると50だと言っている(笑)

今、まだ49だけど。
なんか、もうじき50なのに、47とか48とか答えるのが、何故かカッコ悪い、潔くない、と考えて、47の時からずっと50って言ってる(笑)

こないだ、なんかの書類書く時、うっかり50って書いちゃった(笑)

12歳はティーンエイジャー

タロウはいつのまにか12歳でティーンエイジャーざんす。
今年もサンタはやってきたけど、もうなんか、こなし業務って感じだった(笑)
去年までは信じていたけど、今年はプレゼントがしょぼかったのもあって、完全に気づかれたpp_14a.gif
中学生になってまでやるつもりはなかったので、オッケーです。
サンタさんからプレゼントが届いた時のあの感動を、普通の子よりは多く味わったと思うので、それでいいです。
私は、1回だけ味わった(笑)
その時のプレゼントは、本だった。
うれしくて、お店をあける支度をしている途中のお母さんと秀ちゃんに、大声で報告した。
それを、不思議そうな顔でよかったねって言ってくれたお母さん(笑)
まさか信じたの?って感じだったな(笑)

とにかくタロウですが、すっかりびっくりするほどの美少年になってます(笑)
いや、親の欲目とかでなく、ほんとに。
担任の先生からは、羽生結弦にそっくりだと言われてます(笑)
いや、マジで(笑)
母親の私でさえ、こんなキレイな子になっちゃってびっくりしてる。
そして、こんなキレイな子の尻をなでまわしても、犯罪にならない事にもびっくりするわ(笑)

今年は、私の仕事が忙しすぎて、毎日残業続きで、あんまりタロウにかまってあげられなくて申し訳ない。
タロウ、中学受験するから、本当はもっといっぱい勉強みてあげたいんだけど、土日祭日さえ仕事いかなくちゃいけなくて、全然みてあげられない。
それなのに、なんか夏休み終わったあたりから、勝手に一人でめきめき成績あげて、いつのまにか合格確実圏内にはいったよ。pp_08a.gif
実際の受験結果はどうなるか勿論わからないけど、すごい伸び率だと思うわ。

そして、今年冒頭、タロウはiPhoneで、Mincraftに大ハマリして、勉強の合間にずーーーーーーっとやってた。
地道な作業好きの私も気に入ったので、PC版購入設定したら、ほんとうにずーーーーーーっとやってる。
あんまりずーーーーーーーっとやってるから、さすがにもうやめさせないと、と思ってたら、ある時、iPhone版で遊んでたタロウが突然叫びだした。
もう、こう、「ぎゃーーーー!!!!!」って感じで(笑)
長い時間かけて作り上げて、拡張していた村が火事になってた。
もう、あっちこっちに火が燃え移っちゃって、消しても消してもおいつかなくて、
タロウは、「ひーーっ!ひーーーっ!」って泣きながら必死でバケツ水をまいていた(笑)
そして、もう、村全部が火だるまで、どうにもならなくなった時、iPhoneから静かに手を離し、ベッドにつっぷして、大声で泣き出した(笑)
それはもう、久しぶりに聞く大号泣(笑)
清々しいほどの大号泣だった(笑)

もう絶対二度とMincraftはやらない、といったけど、二日後にはまた始めてたよ(笑)

そんなタロウは、今は、Agarioに大ハマリ中。
Mincraftよりはまってる。ほっとくと、ほんとうに一日中やってる。
さすがに、この時期それはまずいので、制限させてるけどね。

あと、タロウ、昨日、彼女できた(笑)
通ってる塾にずっと好きな子がいて、とうとうラブレター渡して告白したそーです。
んで、オッケーの返事をもらったと。
彼女ができたよってメールしてきた(笑)

私、12歳頃の時にはもう、親に好きな子の事なんて言わなかったけど(笑)
しかも、ラブレターの返事みせてくれた(笑)
甘酸っぱい(笑)

タロウは、私の知らない未知の青春を歩むんだな。
それをそばでみられるのは幸せだ。