アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
  • 発売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2008/01/25

大学入学のために仙台へ引っ越してきた椎名。新居の片づけをしていると、同じアパートの河崎と名乗る男が声をかけてきた。口ずさんでいたボブ・デュランの曲に興味を持ったらしい。
しかし、彼は初対面の椎名に、同じアパートに住むブータン人のドルジという青年に広辞苑を盗んでプレゼントしたいから「本屋を襲わないか?」と誘う。ドルジは河崎の元彼女の琴美と付き合っていたらしい。
また買うのではなく盗むのが大切だと奇妙なことを言う河崎。椎名は逃げ腰だったが河崎の巧みな話術にのり、気づいたら本屋襲撃に加担していた!

伊坂幸太郎の人気小説を映画化。本屋襲撃の裏に隠された、河崎、琴美、ドルジの不思議な友情、かつて彼らの住む街を荒らしていたペット殺し事件のエピソード、これらには巧妙な伏線が張られており、それは原作も同様。ただ原作では映像化不可能なトリックがあり、これをどう映画で描くのかが、原作ファンの興味の焦点だったが、これを中村義洋監督はうまく料理した。
見るものに目の前の世界を信じさせる巧妙な演出は絶妙で、役者もよかった。特に主演の瑛太(河崎役)と濱田岳(椎名役)は見事なものだ。読んでから見ても、見てから読んでも味わい深い本作。青春ミステリーの傑作として語り継がれる作品になるだろう。

お気に入り度:rating_35.gif

ああ、センスのいいもの観たなーと思った。
原作者の伊坂幸太郎の本は、何冊か読んでいるけど、この原作は未読だった。
私は、伊坂幸太郎の「一見、軽そうでいて、本当は伏線が効いていて、辛口なのに、後味で気分が良くなる」という感じの物語がとても好きで、これを映画化ってどーなのよ、とあんまり正直期待してなかった。
けど、よかったね!
すごくよかった。
前半の瑛太のカリスマ気取りに、ちょっと気持ちが引きながらも、「それ」こそが演技なのだった役者の力量に脱帽っすよ。

話的には、前半が出題と謎。後半が種あかしと回答。という感じ。
でも最初からそう思って観ると、つまらないよ。
あと、前半の瑛太のハナにつく演技に、「つらいー」と思った方がいいよ(笑)
なんか、色々詳しく言ってしまいたいけど、このお話、とても気に入ったので、言わないでとっておこうと思う。
良かった。すごく、いろいろ良かった。
たぶん、でも、これ、原作の方がもっと良かったと思いそう。
だから、原作読みたいんだけど、もし読んでしまったら、映画で感じた感動が変化しそうで、それがイヤ(笑)
映画は、映画で良かったよ。
でも、きっとこれは原作は原作で、やっぱり絶対面白いにちがいないんだよね。
原作読んで、「映画のが良かったなぁ」と思うのも、映画を観て、「原作のが良かったなぁ」って思うのも、どっちもありそうで、それがイヤだ(笑)
それくらい、これ、好き。
ブータン人が好き。

コメントを残す